気づかないうちに損している!「上から目線の人」5つの特徴【第19回】

家庭、学校、職場……多くの場所で求められる「コミュニケーション能力」。「空気を読む力」「人付き合いのうまさ」など、さまざまな解釈をされながら、その有無に悩む人が近年とても増えているようです。
好評発売中の書籍『仕事で必要な「本当のコミュニケーション能力」はどう身につければいいのか?』(日本実業出版社)より、さまざまな角度から「コミュニケーション能力の正体」や「身につけ方」をお伝えします。

さまざまな企業を訪問すると、「上から目線」の人に出会う。

「上から目線」は嫌われがちではあるが、とくに悪いことか、といえば、私はあまりそうは思っていない。

特定の目的で「上から目線」を使っている人は、少なからず存在する。

たとえば、多くの独裁的な経営者は「上から目線」の方が多い。これは自然なことで、認知心理学的に、人は「自信にあふれた人」を信用する傾向にあるからだ。

したがって、尊大に振る舞うことにより、「社員が経営者に疑いを持たない」ということを彼らは経験的に知っているのだ。

また、LINE の執行役員であり、メディアの専門家である田端信太郎氏は著書『MEDIA MAKERS』(宣伝会議)の中で、「上から目線」について次のように述べている。


ネット上では、新聞や雑誌といった旧マスメディアに関わる大手企業の社員を指して「上から目線」の「勘違いマスゴミ」などと揶揄し、罵倒するムードがあります。私も、その気持ち自体はよくわかりますが、プロとしてメディアの世界で満足な報酬を得ようとするならば、「ナメられてしまえば、商売はあがったり」であり、一定の「上から目線」 はある意味では、当然の前提なのです。


「権威」を必要とするマスコミの方々、あるいは専門家、管理職たちが「上から目線」を使うのは意図的であり、とくに批判されるべきことでもない。世の中には「上から目線の専門家」「上から目線の上司」を好ましいと考える方も数多くいる。

ただし、不幸なのは「本人が自覚していない状態で、知らず知らず上から目線になっている人」である。なぜなら、ほとんどの人にとって、その人は「単なるコミュニケーションのとりづらい人」になってしまうからだ。

友だちや家族に疎まれるばかりか、仕事でかなりの損をしているだろう。本人に明確な悪気がないのに、意図せず嫌われてしまうのであれば、それは気の毒なことでもある。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

150万人の琴線に触れた!多くの人が気づいていない暗黙のルール

この連載について

初回を読む
仕事で必要な「本当のコミュニケーション能力」はどう身につければいいのか?

安達裕哉

「空気を読む力」「人付き合いのうまさ」など、さまざまな解釈をされながら、なんとなく求められる「コミュ力」の本質とはいったい何なのか? 150万人を読者にもつ人気サイト『Books&Apps』...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

schenklu 人のふり見て… 12ヶ月前 replyretweetfavorite

a_tocci 「教えること」は「上から目線」と紙一重であり、勘違いされやすい。学びは「自分が無知である」と仮定しなければ得られないものだからだ。 https://t.co/j38tLI46G2 12ヶ月前 replyretweetfavorite

a_tocci とくに中途半端に知識があると、素人が「素晴らしい」と賞賛することを素直に認められない人が多い。 https://t.co/j38tLI46G2 12ヶ月前 replyretweetfavorite

j_columnist 要注意!「上から目線」になってしまっている人の特徴5つ https://t.co/mMnxLA6TrX 12ヶ月前 replyretweetfavorite