小池百合子のテレビ活用法

突然の衆議院解散。10月22日に選挙が迫る中、テレビで話題の中心にいるのは東京都知事の小池百合子。実際本人も、テレビで朝から晩まで自分のニュースが取り上げられていると言ってしまう有様。テレビがこぞって小池百合子を取り上げるのはなぜか?その手法について考えます。

最後に微笑む小池百合子

小池百合子は、記者やキャスターからの質問に答えた後、最後に微笑むことが多い。微笑みで終わる。その微笑みが「情報優位なのはコチラですからね」とのアピールになっているわけだが、あなたやあなたの党のことを尋ねているのだから、あなたが情報優位なのは当然である。私が今晩ラーメンを食べようと思っているのか、カレーを食べようと思っているのか、それは当然、誰よりも私が知っている。

それなのに、かしずく側近たちに「でも、天ぷらもお好きでしたよ」なんて言わせておきながら、ラーメン屋の入口までカメラを追いかけさせ、「場合によっては、チャーハンを食べるかもしれません。では。」と微笑んでお店に入っていくのが小池百合子である。いつも微笑みで終わるから、男社会に颯爽と挑んでいくこの人の余裕って素敵、と思う人が出てきているのだろうが、実に安易な戦略である。

ワイドショーのトップニュースに君臨するために

安倍晋三がFacebookで信奉者からの礼賛を浴びることを日々のエネルギーにしたり、橋下徹がTwitterで定期的に激高することで注目を確保したりしてきたのと比べ、小池は徹底的にテレビを意識している。「いいね!」や「リツイート」で自分の人気を〝メディアミックス〟してきた人たちとは異なり、とにかくワイドショーのトップニュースに君臨することに力を注ぐ状態が続く。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

「天然パーマという自然エネルギー」文化はコンプレックスから生まれる

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

pretty_occho https://t.co/Rl7dsWNZGz 1年以上前 replyretweetfavorite

chrtanaka "テレビに「氾濫」することが政治家の力量だと思っている節がある" /https://t.co/L1IuzkIYhm 1年以上前 replyretweetfavorite

mariko_75 例え方が絶妙で、笑った! 1年以上前 replyretweetfavorite

2525415mi 時代はネットだー!とみんながネット対策に心血を注いでいる隙を突きまくっている。 1年以上前 replyretweetfavorite