承認欲求が強い人」は、職場で評価されないワケ【第16回】

家庭、学校、職場……多くの場所で求められる「コミュニケーション能力」。「空気を読む力」「人付き合いのうまさ」など、さまざまな解釈をされながら、その有無に悩む人が近年とても増えているようです。
好評発売中の書籍『仕事で必要な「本当のコミュニケーション能力」はどう身につければいいのか?』(日本実業出版社)より、さまざまな角度から「コミュニケーション能力の正体」や「身につけ方」をお伝えします。

最近、「承認欲求」という言葉をよく耳にする。web 上で気軽に承認をやりとりできるツールが提供されているからかもしれない。

そして、「承認欲求」といえば、ある人物のひと昔前を思い出す。

彼は悪い人ではなかったが、1つだけ褒められないクセがあった。それは「仕事を抱え込んでしまうこと」だった。

若手で経験も浅かったその人物は、自分が引き受けられる以上の仕事を「褒められたい」「失望されたくない」という理由で引き受けてしまい、結局あとで問題が発覚する、という こともしばしばだった。

ええカッコしいのその人物に業を煮やした上司は、一喝した。

「その場しのぎで安易に仕事を引き受けるのはやめろ。できないときは、できないと言え」

「そういうわけでは……」

「言い訳はするな。実力に見合わないことをしても、認められるどころか信頼を失うだけだ」

「私は悪くありません。頼まれたら引き受けてあげたいのです」

「違う、おまえは嫌われたくないと思っているだけで、自分の実力を認める勇気もない」

「しかし……」

「おまえが『できる人間と思われたい』と願っていることは理解できる。だが、自分の仕事を振り返って見てみろ。あせって自分を大きく見せようとするな」

その人物は、数年後にこう言っている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

150万人の琴線に触れた!多くの人が気づいていない暗黙のルール

この連載について

初回を読む
仕事で必要な「本当のコミュニケーション能力」はどう身につければいいのか?

安達裕哉

「空気を読む力」「人付き合いのうまさ」など、さまざまな解釈をされながら、なんとなく求められる「コミュ力」の本質とはいったい何なのか? 150万人を読者にもつ人気サイト『Books&Apps』...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

horimoto61 「承認欲求」が強すぎるのは問題だ。 https://t.co/h1Gyi18UHR 2年以上前 replyretweetfavorite

nekomeishi4 それな ▶︎ 2年以上前 replyretweetfavorite

wakaba7650 要は承認欲求は他人軸での行動。自分軸で動くようにしたら気は楽になるし助けてもらえること増えた気がする。アドラーが言った意味が分かってきたかも。 https://t.co/NrAlOtQh7G 2年以上前 replyretweetfavorite

GeeeeN2525 どうして褒められないんだろう?じゃなくて どうしたら褒められるだろう?って考えられる人がいいね。 2年以上前 replyretweetfavorite