牛込の加寿子荘

牛込の加寿子荘」 第二十一回

ぶっそうなセリフを吐いていた隣人のタエコさん。その意外な引っ越しの理由がいま明らかに……。 築40年を超える「加寿子荘」での生活風景。能町みね子の自叙伝風小説!

西島不動産に寄ってみた。おじ(い)ちゃんとおばちゃん(夫婦ではない)でやっている、商店街の中の小さなお店。賃貸物件として加寿子荘を扱っているのはこのお店だけです。ネットなどにも加寿子荘の空室情報は載らない。

西島不動産のおばちゃん・山本さんは、ものすごくおしゃべり好きです。管理している物件の大家さんたちとも公私を問わないつきあいがあるようで、近所のうわさにも精通する人物です。
私がガラス戸を開けると「あらお久しぶりじゃないまたちょっとキレイになったんじゃないのアタシなんかダメだぁまた太っちゃったよぅアッハハハ」と顔を合わせた瞬間からいつもの調子。いいね。私は訊きたいことがたくさんあるのだ。ちょっと長話しましょうよ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

少年タケシ

この連載について

初回を読む
牛込の加寿子荘

能町みね子

築40年を超える「加寿子荘」での生活風景。能町みね子の自叙伝風小説!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード