クリスマスのお台場カップルを邪魔しに行く

文子さんと別れた小森谷くんは、当然ながらクリスマスの予定がない。そこで、当日は土岸ら独り身の男たちと遊んでいた。そんなとき土岸が、大学生最後のクリスマスは負けてられないと言い始め、あることをするため、彼らはお台場に行くことになる。
末期がんを宣告された男性の❝ありそうでなかった❞半生を描いた、『小森谷くんが決めたこと』を特別掲載!
そして、文庫版が本日発売です!

 十二月、空気は日々冷たさを増し、街は電飾で賑わっていった。

 彼にとっては大学生活最後のクリスマスだった。

 昨年は仕事を終えた文子さんと、部屋で小さくクリスマスを祝った。

 一昨年は少し背伸びをして、都内のホテルを予約した。東京の夜景を見ながら、文子さんとシャンパンで乾杯した。

「なあ、元気だせよ」

「……ああ、そうだな」

 クリスマスソングの流れる街を、彼は土岸と身を寄せあうように歩いた。

 彼は寂しさのただなかにいて、土岸も土岸なりに長く付きあった彼女に振られて、荒れている最中だった。

「おいっす」

「……おいっす」

 やがてそこに、佐藤という男と、堀内という男が合流した。

 この日に集まるということは、その二人にも彼女がいないということだ。

 聖なる夜、することのない男たちは身を寄せあい、冷えた体をあたためる。

「なあ、こういうときこそ、テンション上げていこうぜ」

「ああ、そうだな」

 大切なのは意志と勇気。それだけでね、大抵のことは上手くいくのよ──。

 ちょうどその頃デビューした小説家が、そんな一節で始まる小説を刊行したが、彼らにはまるで関係のない話だった。

 彼らはこれから、佐藤の家でウイニングイレブンをする。初夏に終わってしまったワールドカップを再現し、日本代表を栄光の頂点へと導く。

 そして聖なる夜の乾杯をするのだ。

 佐藤家のプレステの電源を入れると、ウイニングイレブンのオープニングが流れた。

「行くぞ」

「おう」

 雄叫びをあげながらコントローラーを操作した彼らは、ベルギーに勝利した。続くロシアとは引き分けたが、チュニジアには勝利し、ベスト16進出を果たした。

 運命のトルコ戦、彼らはトルシエジャパンとは違って、中村俊輔を投入した。中盤をコンパクトに保ち、三都主ではなく俊輔にフリーキックを蹴らせた。

 だが日野ジャパンはなかなか点を入れられなかった。逆に後半二十分、トルコのイルハンに、豪快なシュートを決められてしまう。

 トルコの優勢とともに時間は過ぎていった。

やがて、ピ、ピ、ピーと試合終了の笛が鳴る。

「……終わった」

 堀内が両腕で顔を覆い、がっくりとうなだれた。何やってんのあんたたちは、という顔で、佐藤のお母さんがお茶をだしてくれる。

「ああっ! くそっ」

 コントローラーを放りだした佐藤が、ごろん、と後ろに倒れた。

 土岸と彼も天井を仰ぎ、敗戦の悔しさを噛みしめる。

「だめだ……トルコにはやっぱり勝てねえ」

 彼らは初夏に味わった悔しさを思い返していた。さっきシュートを決めたイルハンは超絶イケメンで、イングランドのベッカムとともに日本を騒がした男だ。

 四人の悔しさはやがて、彼女と別れた寂しさや、フラれた悔しさや、この夜のむなしさに、すり替わっていく。

 ベッカムヘア……彼は思いだす。二年半くらい前、彼は文子さんに初めて髪を切ってもらった。

 そのときは変わった髪型だなと思っていたけれど、今ではキャンパスを歩いていると、一人はその髪型とすれ違う。

「なあ、」

 しばらくして、土岸が低い声をだした。

「おれたち、こんなことしてる場合じゃないだろ」

「なにが? どういうこと?」

「お台場に行こうぜ」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
余命2か月といわれた男—小森谷くんが決めたこと

中村航

僕、余命2ヶ月って言われたんですよ。でも、生き残っちゃいましたけど――。末期がんを宣告された30代男性の“ありそうでなかった”半生を、「100回泣くこと」の著者・中村航が小説化!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません