第31回スーパーボウル衝撃のMac登場「諸君、我々を阻む者はいなくなった。我々は世界を支配するのだ」

スーパーボウルでの衝撃のマッキントッシュのCMには、1982年に映画「ブレードランナー」を発表したばかりの売れっ子監督リドリー・スコットが起用されました。同じスーパーボウル内では、チャップリンを起用したIBMの個人向け新機種「PCジュニア」のCMも流されましたが、およそパソコンのCMとは思えないこのアップルの「1984」には、放映終了後多くの問い合わせが集中し、後にカンヌで受賞するというおまけまで。このCMの中に出てくる独裁者「ビッグブラザー」は、ジョージ・オーウェルの小説「1984」から引用されましたが、業界内においてビックブルーと呼ばれているIBMを揶揄していることは明らかです。IBMの大型コンピュータの集中管理を官僚制に見立てて、それをまっこうから否定しようというわけです。これはブロックチェーン対ビッグブラザー(大銀行)のような形で現在にも続くIT業界の「信仰」のひとつです。

登場人物たち

スティーブ・ジョブズ 言わずと知れた、アップルコンピューターの創業者。1976年に創業し、1980年に株式上場して2億ドルの資産を手にした。その後、自分がスカウトしたジョン・スカリーにアップルコンピューターを追放されるが、1996年にアップルに復帰。iMac, iPod, iPhone などの革新的プロダクトを発表しアップルを時価総額世界一の企業にする。

水島敏雄  東京で「ESDラボラトリー」という小さな会社を営む。マイコンの技術を応用し、分析、測定のための理化学機器の開発を行うために作った会社で、ESDという名称は、 Electronics Systems Development の頭文字をとっている。東レの研究員として働いていた時代から大型コンピュータや技術計算用のミニコンに通じており、マイクロコンピュータの動向には早くから注目していた。ESDは日本初のアップルコンピューターの代理店となる。

『スティーブズ』

曽田敦彦 構造不況の中、業績が芳しくない東レが、「脱繊維」を掲げ新分野として取り組んできたのが磁気素材の分野だった。ソニーのベータマックス用としてはさらに薄地で耐久性のあるテープ素材の開発が必要で、45歳になる曽田はこのプロジェクトの中心として部下に20名以上の研究員を従えている。地味で根気のいる仕事ではあったが、東レがハイテク新素材メーカーへステップアップする上でこのプロジェクトは重要な意味を持っていた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
林檎の樹の下で -アップルコンピュータジャパン物語- ✕スティーブズ外伝

うめ(小沢高広・妹尾朝子) /斎藤 由多加

ふたりのスティーブ、ジョブズとウォズニアックが設立したアップルコンピューターは、1977年4月、サンフランシスコで開催されたウェストコーストコンピュータフェアに出展した。ジョブズがこだわりにこだわったベージュ色の本体の数が足りないので...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 約2ヶ月前 replyretweetfavorite