国鉄 vs JR

第35回】乗りたい! 復活してほしい!「名車」「路線」格付けベスト60

日本の春は、JR九州の指宿枕崎線から訪れる。日本最南端のJR駅、西大山駅があるからだ。多くの鉄道ファンが訪れるこの路線ですら乗客数が伸び悩んでおり、将来的に路線を維持できる保証はない。

 国鉄からJRへ。民間企業となったJRは利益追求路線へかじを切った。不採算路線や老朽化車両を温存させることは難しく、廃線や車両の引退が相次いでいる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
国鉄 vs JR

週刊ダイヤモンド

1987年、負債37兆円を抱えて日本国有鉄道は崩壊した。代わって誕生したJR7社は自律的な経営へ転じ、利益追求主義へとかじを切った。それから30年。7社の明暗はくっきりと分かれ、負け組企業には存続の危機が迫る。分割民営化の「ひずみ」が...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません