出産直前に収入ゼロ、夫は失業。パリで苦境を生きる30代女性

パリジャン十色、現在のテーマは「女性の生き方」。パリで生活している日本人女性に、何故パリに来たのか、パリに来て何が変わったか、当時から現在の心境などについてインタビューしていきます。今回ご紹介するのは、パリでフランス人男性と結婚し、女の子を設け、お菓子とパンづくりをして働く34歳の女性。彼女の半生は、なかなか順風満帆とはいっていないようで……?

パリで一児を育てる、日本人女性にインタビュー

今回紹介するのは、お菓子・パン職人としてパリで働いている日本人女性です。在仏9年目で今年34歳のDさんは、5年前にフランス人男性と結婚し、現在4歳の女の子の母親でもあります。

海外、しかもパリでフランス人男性と結婚して子供を授かり、自分のやりたい仕事を手にして……と、一見、順風満帆に見える彼女の人生。ところが、今回インタビューさせてもらって、「家族をつくって生活していく」ということは、こうもきれいごとや理想どおりにいかないものか!と感じました。

ほんと、これはパリに住んでみるとよ〜くわかるのですが、いくら「華の都」と言ったって、実際にあるのは、異国での異国人としての日常生活。実情はキラキラよりも、むしろ日本では考えられないような質素さや、ワイルドさ、そして、ぶっ飛んだ価値観が入り乱れています。パリに住んでいる日本人女性も色々ですが、彼女たちは全員、日々サバイバルしているのです。

さて、今回インタビューするDさんも、そんな日本人女性の1人です。パリでの予期せぬ妊娠と結婚生活を経て、現在は、愛娘とプチうつになってしまったフランス人の夫を家族に持ち、たくましく生きています。

フランスで家族を持った日本人女性が、どんな風に自問自答しながら、彼女自身の人生をパリで 生きているのか? 今回も、じっくりとお話を伺ってきました。

パリで気づいた、パン作りの魅力

— パリに来るまでの経緯を教えてもらえますか?

Dさん 高校を卒業してから、お菓子の専門学校で学び、関西や東京のケーキ屋さんでパティシエとして働いていました。でも、最後に働いていた東京のケーキ屋さんのシェフが、女性パティシエにまで暴力をふるうブラックな職場だったので、一旦退職しました。それからは、元々フランス人が作るフランス菓子に興味があったこともあり、地方の山奥にある旅館で1年近く仲居さんのバイトをして、フランス行きの資金を貯めることにしたんです。

フランスに来たのは2008年。ワーキングホリデービザを使った1年限定で、最初はルーアンと呼ばれる地方にホームステイしながら、フランス語を勉強することにしました。出身が田舎なこともあって、パリのような大きな都会でいきなりよりは、地方の方が物価も安いし、いいなと思ったんですね。

でも、やっぱり大きなパティスリーの多くはパリにあるので、研修先もパリの方がみつかりやすく、3ヶ月後にはパリへ移住して、有名なパティスリーで研修をスタートすることになりました。

Dさんはこの頃から、実はフランスのお菓子ではなく、パン作りに興味を持つようになったそうです。そして、あっというまに過ぎた1年の期限後、またビザをとってパリに舞い戻り、今度はパンの研修生活をつづけることに。

Dさん パティシエもパン作りに近いところにいるものの、パティスリーの現場で知れることには限界がありました。そこで、一からパン作りを勉強すべく、色々なパン屋さんを転々として、研修をさせてもらうことにしました。

パン作りとお菓子作りの違いは、パンの方がシンプルな分、逆に難しくて奥が深いということ。ちょっとした素材や、その日の温度や湿度の変化によって、味がずいぶん変わってしまうんです。一方お菓子は、色々なものを組み合わせて作り上げるので、いくらでも美味しくなる余地もあるし、作り込む芸術的な要素が強いんですね。

どちらかというと、パンは職人が作るものという感じです。私はパンを作っている時、生き物を触っている感覚がして、今はお菓子より、パン作りのほうが好きになっています。

滞在を延長し、パン屋で研修を続けていたDさんも、3、4年したら地元に戻って、自分のお店を出そうかなという計画を考えていたそうです。ところがある日、いつも通りパン屋に出勤して作業をしていたら……。

Dさん 生地をこねていたときだったか、なんだが具合が悪くなってきたので、おかしいなぁ……なんでかなぁ、と。すると、一緒に働いていた同僚に、冗談で「もしかして、妊娠してるんじゃない?(笑)」なんて冷やかされてしまったんですね。念のため、近くの病院にかけこんだところ、検査してくれた先生に「あなた90%の確率で妊娠していますね」と言われたんです。 その時交際していたフランス人の彼と同棲を始めて1ヶ月頃だったんですが、何も考えてなくて、そのまま妊娠(苦笑)。はい。それでデキ婚ということになりました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
パリジャン十色

中村綾花

“花の都”と称され、雑誌やテレビでもその優雅なイメージが特集されることの多い、フランスの首都・パリ。パンやスイーツはおいしいし、ファッションは最先端だし、歴史ある建物たちも美しいし、住んでいる人もおしゃれな人ばかり……と思いきや、パリ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 1年以上前 replyretweetfavorite

ayakahan いよいよ公開!|[今なら無料!]生粋の日本育ち女子がのぞいた、常識やぶりなパリジャンたちの素顔 1年以上前 replyretweetfavorite