運は備える者に訪れる」 光秀(老人)の水準

歴史小説初心者、大歓迎!どうしてこんな奴らが天下を獲れたのか!? 日本史上稀にみる見事な〝退却戦”、金ケ崎の戦い(1570年)。信長(37)→部下全員置き去りで逃亡。秀吉(34)→殿軍(しんがり)に抜擢も思考停止。光秀(55)→経歴不詳。家康(29)→カンケイないのに絶対絶命 !迷走の果て、奇跡の決断。2017年秋、27時間テレビでドラマ化! 「僕の金ヶ崎」(脚本:バカリズム/主演:大杉蓮)原案。


「まことにご足労たまわり、申し訳ござなく候」

 明智隊本陣の前で光秀は立って家康の来訪を待っていた。家康のすがたをみとめると、明智光秀は深く頭をさげた。

 光秀と会うのはこれで二度目になるか。苛烈ないくさぶりはすでに三河にも届いており、風雅の道にも長じているという。

 明智光秀は、学者顔である。表情だけをみれば、軍装に身をかためるよりも、書見台を前に論語を講じるほうが似合っているようにみえる。噂にきこえる猛々しさとは、かなり印象がちがう。

 前年の永禄十二年(一五六九)一月、将軍足利義昭の居館が、一揆衆—それも農民一揆や一向一揆ではなく、信長上洛にともなって洛外に放逐された三好三人衆や旧美濃国主・斎藤龍興(たつおき)らの牢人軍団によって襲撃される事件が発生した。

 このとき織田は総軍を岐阜に引き上げており、足利義昭の居館も城づくりではない、脆弱なものであった。

 そこで、光秀が指揮をとり、わずかなを手勢で攻め手をふせぎ、洛外に駐在していた細川藤孝(ふじたか)や荒木村重(むらしげ)らの救援がくるまで堪えて、足利義昭の命を守りきった。

 戦国武将の評価基準は、なにはなくともまず武功、が鉄則である。とはいえ、平素どれほど鍛錬していようが、武功がいかに運に左右されるものかは、戦国武将はだれもが知っている。武功への賞賛は、その運への憧憬もふくむ。出すぎた杭は打たれない。

 明智光秀が足利義昭をともなって岐阜をおとずれたのは、その前年永禄十一年(一五六八)七月。光秀は足利義昭の直参ながら信長への寄騎(出向)の立場となり、たった半年で、諸方を驚嘆させるほどの武功を立てたのだ。

 ただし、老いている。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

歴史小説初心者、大歓迎!人気武将4人の悪戦苦闘を描く「4人シリーズ」第1弾。

この連載について

初回を読む
金ケ崎の四人 ー信長、秀吉、光秀、家康ー

鈴木輝一郎

戦うだけが、戦(いくさ)ではない。「逃げる」こともまた、戦なのだ。 日本史上稀にみる見事な〝退却戦”、金ケ崎の戦い(1570年)。 信長(37)部下全員置き去りで逃亡。 秀吉(34)殿軍(しんがり)に抜擢も思考停止。 ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません