光秀からの手紙に家康は赤面した

歴史小説初心者、大歓迎!どうしてこんな奴らが天下を獲れたのか!? 日本史上稀にみる見事な〝退却戦”、金ケ崎の戦い(1570年)。信長(37)→部下全員置き去りで逃亡。秀吉(34)→殿軍(しんがり)に抜擢も思考停止。光秀(55)→経歴不詳。家康(29)→カンケイないのに絶対絶命 !迷走の果て、奇跡の決断。2017年秋、27時間テレビでドラマ化! 「僕の金ヶ崎」(脚本:バカリズム/主演:大杉蓮)原案。


「つまり朝廷の申し出は『絶対に漏れてはならない』か『即座に漏れて天下に織田の権威を誇示しなければならない』のどちらかでなければならん。祝言能の披露から四日も経ってから漏れるのは、ふつうではない。なぜ、いまか」

 家康の問いに、服部正成は無言で首をかしげた。

「信長殿の権威を保たなければならぬからだ」

「なにゆえでございましょう」

「三万の将兵を行き先も告げず意図をおしえないまま逗留(とうりゅう)させるには、四日間でも長すぎる。しかも全員が完全に軍装をしとるのだ。不満が爆発すれば、たちまち内乱となる」

「あるいは」

「正成。信長殿が官位を辞去した話は、織田方から流れておるのだな?」

「ご明察に候」

「そして『好きな官位をどんなものでも』という内示の話は、ひとりからしか流れておらぬのだな?」

 ちょっと、服部正成はひるむ表情をみせた。正成は「裏がとれていない話」としか言っておらず、情報源の経路数までは家康に告げていない。

—ご明察のとおりに候」

「織田方にいて、祝言披露の場に同席でき、朝廷の威光を熟知している者だわな」

 家康は条件を指折りかぞえてゆく。

「この話は上様(将軍足利義昭)のご威光を左右するやもしれぬ重大事だ。つまり上様にかかわりの深いものからもたらされた話だな」

「それは—」

「噂の経路がひとつしかないのなら、それは流すな。踊らされる」

「どなたに」

「足利将軍の直参(じきさん)、明智十兵衛光秀」


七 明智光秀


 永禄十三年(一五七〇・元亀元年)、四月十九日。洛中徳川家康本陣。

 またも早朝に織田信長本陣より伝令があった。

「本日の出張はない。将兵の鍛錬と休養を十分にとり、明日にそなえるべし」

 と、例によって簡素な命令であった。軍議に集まった三河家臣団は「またか」と失望の表情をみせたが、家康のうけとりかたは違う。

「『本日の出張はない』と、出陣時期を明記されておられるのを見落とすな。『将兵の鍛錬と休養を十分にとり、明日にそなえるべし』とくわえられておる。つまり、近日中に出陣がある」

 家康の解釈に、三河家臣団は得心がいったようで、

「さればわれらはいかに」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

歴史小説初心者、大歓迎!人気武将4人の悪戦苦闘を描く「4人シリーズ」第1弾。

この連載について

初回を読む
金ケ崎の四人 ー信長、秀吉、光秀、家康ー

鈴木輝一郎

戦うだけが、戦(いくさ)ではない。「逃げる」こともまた、戦なのだ。 日本史上稀にみる見事な〝退却戦”、金ケ崎の戦い(1570年)。 信長(37)部下全員置き去りで逃亡。 秀吉(34)殿軍(しんがり)に抜擢も思考停止。 ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません