朝イチ京都タワーの熱い湯に浸かって大文字を拝む

「最高に無駄の詰まった雑誌」がコンセプトの、雑誌『ケトル』。その毎号の特集をcakesで配信していきます。第12弾のテーマは「京都が大好き!」。日常の意外な発見が大好きな「ケトル」が見つけた京都のツボをご紹介します。ぜひ二冊目の“ガイドブック”として活用をしてくださいね!(『ケトル』vol.12より)

いわずとしれた京都のシンボル!

その地下には、極楽がありました。

秘密基地に向かうような高揚を覚えつつ、京都タワーホテル脇の階段で地下3階へ。床屋を横目に暖簾をくぐると大浴場のおでましであります。

写真は男湯ですが、女湯は天然石のピンクの壁に癒されますよ! 待合室には自販機の缶ビールが待機中

たまらん、素敵ここは、数々の名銭湯を擁する京都において唯一、朝から開いてる超エラいお風呂。

だから夜行バスで到着した旅の朝も、宿酔のダメな朝も、出張ビジネスマンの勝負の朝も。42度のアツいお湯がシャキッとさせてくれるんです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケトル

この連載について

初回を読む
京都が大好き!

ケトル

「最高に無駄の詰まった雑誌」がコンセプトの、雑誌『ケトル』。その毎号の特集をcakesで配信していきます。第12弾のテーマは「京都が大好き!」。日常の意外な発見が大好きな「ケトル」が見つけた京都のツボをご紹介します。ぜひ二冊目の“ガイ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード