秋の味覚、食欲を誘うしいたけが香り立つ「しいたけのグラタン風」

今回馬田草織さんが紹介してくれるのは、前回に続いて秋の味覚、きのこの料理です。ぷりっぷりのしいたけの傘をお皿にした「しいたけのグラタン風」。食欲を誘う香りと、口いっぱいに広がる旨味が絶品のレシピ、ぜひお試しください!

cakes読者のみなさま、こんにちは。

秋、ですね。前回に続き、秋を象徴するきのこ推しです。今回の主役はしいたけ。

以前、しいたけの名産地でもある大分県出身のシェフに、幼いころのしいたけの想い出を取材したことがありました。ちょっと想像はしていたのですが、やっぱり年中しいたけ料理だったそう。だってしいたけは生だけじゃない、干ししいたけもありますから、年中旬がやってくる。みそ汁や煮物、炒め物はもちろん、素麺のつけだれのだしまで干ししいたけで取っていたそう。その反動で、大人になってから素麺だけは、昆布とかつおのだしのたれを満喫していると話していました。

そんなしいたけに囲まれて育ったシェフ曰く、やっぱり一番おいしい食べ方は丸ごとのグリル。こんがり焼けて、うま味たっぷりの水分が傘に溜まってきたら、しょうゆをひとたらし。もう、香ばしい香りだけでごはんがすすみそうです。家庭なら、魚焼きグリルやトースターが簡単。しいたけはそのまま焼いてももちろんいいのですが、オリーブオイルやバター、ごま油を加えると、味や香りに変化が出てまた楽しいです。

今回は、そんなしいたけグリルの香ばしさにボリューム感をプラスした、きのこのグラタン風をご紹介。旬の生しいたけを一袋買ったら、一番大きな傘のしいたけをこの料理に使ってください。

では、パパッと作っていきましょう。

Menu do dia 本日のメニュー

「しいたけのグラタン風」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ポルトガル食堂

馬田草織

ポルトガルや南蛮絡みのエピソードが大好きな編集者・ライターの馬田草織さんが、仕事現場や旅先、日常で気になった食のサムシングと、それにちなむおつまみ&ぴったりなお酒を月替わりでご紹介していく、家飲みも外飲みも楽しむ人へ捧げる至福のほろ酔...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

parasol0801 https://t.co/ItXAKlv64I 2年弱前 replyretweetfavorite

Puerh_Tea_ タパスだね。ニンニクとパセリだけのならたまに作る。 https://t.co/08nYcGBFuC 2年弱前 replyretweetfavorite

kaorun6 しいたけがあったので作ってみた。ワイン進み過ぎてやばい。| 2年弱前 replyretweetfavorite

chiruko_t 今日しいたけ買ってきたから(`・ω・´)  2年弱前 replyretweetfavorite