cakes & note 改善プロジェクト

深津貴之さんが、ピースオブケイクのCXOになりました。

cakes、noteを運営するピースオブケイクに、強力な助っ人が加わりました。ネット上ではfladdictとしても有名な、深津貴之さんです。Flashのウェブデザイナーから、大ヒットiPhoneアプリの開発者を経て、UXデザイナーとして、さまざまな有名企業のウェブサービス・アプリを改善してきた深津さん。そんな深津さんはなぜ、ピースオブケイクのCXO(Chief eXperience Officer)になろうと決めたのでしょうか。


左:深津貴之さん 右:加藤貞顕(ピースオブケイク CEO)

UXデザインは「ゆりかごから墓場まで」

加藤貞顕(以下、加藤) 10月1日に、深津貴之さんがピースオブケイクのCXO(Chief eXperience Officer)に就任してくださいました。そこで、経緯や就任を決めてくれた理由などについてうかがっていきたいと思います。深津さんはいま、THE GUILDという会社の代表取締役を務めつつ、いろいろな企業のアプリやウェブサービスのユーザーエクスペリエンス(UX)の設計やコンサルティングをされているんですよね?

深津貴之(以下、深津) THE GUILDは会社というよりも、クリエイティブチームと呼ぶほうがしっくりくると思います。一人ひとりでも独立してやっていけるデザイナーやエンジニアが集まった共同体というイメージでしょうか。全員の仕事の窓口とポートフォリオを集約し、スケールメリットを出すという仕組みになっています。

加藤 メンバーは、個人で仕事を受けてもいいんですか?

深津 もちろん。でも、フリーランスとして一人でやると、弱い立場に立ってしまったり、大きな仕事を受けられなかったりしますよね。ギルドはそういったフリーランスを繋げて、相乗効果や付加価値を生み出すための組織です。理想は、ギルドにいれば広告代理店や製作会社に属するより自由があり、フリーランスでいるよりも責任や機材などの後ろ盾がある、という状態を作ることです。これは、もともとロンドンのクリエイター集団「TOMATO」をモデルにしています。

加藤 非常に未来的で、すばらしい組織ですよね。ドラッカーが『ネクスト・ソサエティ』の冒頭で書いていたのが、まさにギルドみたいな働き方だったんです。これからの仕事の仕方はこうなっていくんじゃないかと思います。

— 深津さんご自身は、どういうお仕事をやってこられたんですか?

深津 THE GUILDを作ってからは、日経新聞さんのアプリのコンセプトモデル提案や、現在までの監修などをしています。あとは、GMOペパボさんのminne他のUI/UXの顧問など。くわしく言えませんが、自動車会社や証券会社、通信キャリア、TV局さんなどとも、いろいろな案件でお手伝いさせていただいています。

— えーと、あの、ここで改めて聞くのも何なのですが、CXOってなんですか? あまり耳にしたことがないのですが……。

深津 CXOというのは、ユーザーの体験を設計し、良くしていく責任者ですね。

— 深津さんが参加すると、noteやcakesがすごくおしゃれになるんですか?

深津 すごくおしゃれ……にはならないですね(笑)。今のところは。もちろん見た目を良くすることも、UXデザインの一部としては重要な要素です。でも残念ながら、そこに手を付けるのはもっと後です。まずはもっと大きなUXから考えていかないと。

— そもそも、ユーザーエクスペリエンス、UXデザインって何なんですか?

深津 そのプロダクトに関わる、あらゆるユーザーの体験を設計することがUXデザインです。一言で言うと、「ゆりかごから墓場まで」ってことですね。

— ますますわからなくなってきました……。

noteのことを耳にするところからUXは始まっている

深津 UXというのは、きっと一般的に想像されるよりも広い範囲にわたっているんです。みんなUXデザインと聞くと、アプリを使いやすくするとか、エフェクトを気持ちよくする、みたいなことを想像するでしょう。でも、それはUXデザインのほんの1%くらいしか説明していません。ピースオブケイクのサービスであるnoteを例に説明してみましょうか。まず、「noteってものがあるらしいよ」と耳に入るところから設計するのがUXデザインです。

— そんなところからなんですね!

深津 「noteっておもしろそうだな」「note、最近タイムラインでよく見るな」といったところから、「noteの記事を読んでみたい」という気持ちにさせること、これもUXデザイナーの仕事なんです。
そして、記事を読んで「拡散したい」と思わせて、スムーズに拡散させるのもUXデザインの一部。さらに「自分も書いてみたいな」と思わせるのも、noteのエディタを使いやすくするのも、書き続けるモチベーションを管理するのも、すべてUXデザインです。プロダクト使用後のUXデザインもあって、「noteのおかげでこんな作家になれた」とか、「noteの記事を読んで人生が変わった」とか、そういうのも「体験」、つまりUXの一部です。

— そこまで……!

深津 人生でnoteを知った瞬間から、noteと完全に縁が切れてnoteのことを忘却するまでの、全部の認知・認識を素敵にするのがUXデザインなんですよ。

— だから、「ゆりかごから墓場まで」なんですね。やっとわかりました。でも、そんなに広い範囲を手がける人を「デザイナー」と呼ぶのは、少し不思議な感じがします。

加藤 もともとは創業者などが、自分の経験やセンスをもとにやってきたことなんでしょうね。でも本当はデザインが一番、広い範囲の物事を統合できるんだと思います。だから、デザイナーが全体の体験を設計するのは、僕としては納得なんです。

深津 そうですね。実際に僕が案件に入るときは、非常に横断的です。デザイン、経営、エンジニアリング、マーケティング、時にはカスタマーサポートのあたりを行ったり来たりしながら、それらをつなげて仕事をしています。

加藤 会社のビジネスのすべてに関わりますよね。

深津 そうなんです。UXデザイナーの立場から見ると、マーケティングはプロダクトをさわる前の瞬間から、実際にさわろうという気分にするまでのUXを対象としたパートだとも言えます。
実装やグラフィックデザイン、ユーザーインターフェイス(UI)デザインなどは、さわっている最中の体験を良くするパート。
カスタマーサポートは、さわったときのダメな体験をケアする、感想やクオリティをもっと上げるためのパート。
そんな風に考えると、マーケティングも開発もカスタマーサポートも、すべてUXデザインの一部だと考えられるんです。まあ、総合格闘技みたいなものですね(笑)。

深津さんがCXOになった3つの理由

加藤 通常、経営者は経営のことばかり見がちだし、技術者もそうですし、デザイナーもそういう場合が多いと思います。深津さんのように、全体をつないでデザインができる人ってめったにいませんよね。だからこそ、深津さんの仕事を見るにつけ、「この人がうちの会社にいてくれたら……!」と思っていました。というのが、こちら側の思いなんですけど、正直なところ、深津さんはなぜ今回のCXO就任のオファーを受けてくれたんですか?

深津 明確な理由が3つあるんですよ。一つは、自分のルーツがもともとブロガーだったからです。僕は、梅田望夫さんのブログや『ウェブ進化論』の薫陶を受けている世代なんですよ。
深津さんのブログはこちら

加藤 なるほど。そうだったんですね!

深津 インターネットで個人が情報発信することで世界が変わる、ということを信じて育った世代なんです。だから、noteやcakesが今それを実現しようとしているなら、自分もそれに協力したいと思いました。もう一つは、ギルド自体がもう少し、メディアそのものをうまく使えるようになりたい、と考えていたから。メンバーが集まるほどにスケールメリットがある組織なら、もっと主体的にデザイナーやエンジニアの情報を発信したほうがいいんじゃないか、と。そうするときに、ピースオブケイクさんと組んでいるとシナジーが出ると思ったんです。

加藤 なるほど。最後の一つは?

深津 最後は身も蓋もないけれど、すごく重要なこと。要は、「最高責任者として権限をくれたから」です。UXデザインを本当にがっつりやろうとすると、いろいろな部署に向けて「これは絶対やって欲しい」「これは絶対やってはいけない」と強くお願いすることが必ず出てきます。様々なことを横断で連携していかないと、いいUXは設計、実装できません。場合によっては予算の配分や決済権もほしいくらい。いち「デザイン担当」や「受託」では、そういうことはとても難しいと思います。だから、「CXOになってください」というオファーは、お客さんの内側から深く関われるため、願ったり叶ったりでした。ここまで権限をいただけることは、お客さんの中でも非常に珍しいことなので。

加藤 そうだったんですね。ピースオブケイクはこれまで、コンテンツとテクノロジーを統合して新しいメディア、発信の場を作ろうと挑戦してきました。あとは、デザインというピースが必要だと考えたんです。もちろんこれまでも重要だと考えていましたが、さらに強化するべきだと。デザインを経営の一つの柱だと思っているので、深津さんにそこをお願いできるのは非常に頼もしいです。

イラスト:こばかな(@kobaka7) 聞き手・構成:崎谷実穂

(後編に続く)

ピースオブケイクでは、一緒に働くデザイナーを募集しています。
ご興味のあるかたは、こちらからぜひお気軽にご応募ください。

この連載について

cakes & note 改善プロジェクト

深津貴之 /加藤貞顕

cakes、noteを運営するピースオブケイクに、強力な助っ人が加わりました。ネット上ではfladdictとしても有名な、深津貴之さんです。Flashのウェブデザイナーから、大ヒットiPhoneアプリの開発者を経て、UXデザイナーとし...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

masco 今日これ読んだんだけどめちゃめちゃわかりやすくて面白かった。そうだよなぁ、デザインってこういうことだよなぁ… https://t.co/gTX2ZFBSv9 1日前 replyretweetfavorite

nyan_nyan_tyau https://t.co/iGR3BuoQCl 2日前 replyretweetfavorite

ruinwalkers1 今更気付きました。NOTEにかかわっておられてる方だったんですね。 16日前 replyretweetfavorite

Ringoski なるほど、本当にUXを考えるなら、CXOが必要。 約1ヶ月前 replyretweetfavorite