信長の昇進拒否

歴史小説初心者、大歓迎!どうしてこんな奴らが天下を獲れたのか!? 日本史上稀にみる見事な〝退却戦”、金ケ崎の戦い(1570年)。信長(37)→部下全員置き去りで逃亡。秀吉(34)→殿軍(しんがり)に抜擢も思考停止。光秀(55)→経歴不詳。家康(29)→カンケイないのに絶対絶命 !迷走の果て、奇跡の決断。2017年秋、27時間テレビでドラマ化! 「僕の金ヶ崎」(脚本:バカリズム/主演:大杉蓮)原案。


—そうだわなあ」

 余談ながら。

 徳川家康が織田信長の生前、秀吉と組んで戦ったのは、羽柴時代をふくめても金ケ崎、姉川、長篠、三度しかない。もちろん、秀吉は西国攻めを中心に、家康は駿河・甲斐攻略に専念していて接点がすくなかった、といった事情もある。

 だが、徳川と織田は同盟関係にあり、ともに助勢をしあう関係にある。佐久間信盛は幾度となく三河に出張しているのだ。なにがしかの意思なり意図なりが、そこにはたらいているとみるのが妥当であろう。

「徳川様!三河守様!」

 秀吉は、家康の姿をみとめると、馬に鞭をあてて駆け寄ってきた。

「ご教練、ありがたく存じもうしまする!ごらんのとおり、われら木下の者一同—」

 家康も小柄だが秀吉も小兵(こひょう)である。けれども声はおおきく、よく通る。

「みな、せいいっぱい備えておりまする!どうか、褒めてやってくださりませ!」

 これの、どこをどう褒めろというのか。家康は秀吉に追従をならべる立場ではない。ただ、あなどって信長の機嫌をそこねる必要はない。

「もし、織田とともに合戦することがあらば—」

 すこし、言葉をえらんだ。

「『木下殿』と組みたいものだ。『木下殿』はまれなる器量人である」

「ありがたきお言葉に候!一同、聞いたか!」

 秀吉は、馬の首をかえして、木下隊ぜんたいに向かって全身でよろこんだ。

「徳川三河守様が、褒めてくださったぞ!一同、胸を張れ!」

 本多忠勝が眉をひそめ、家康をみた。

—御屋形—」

「噓はついておらぬ。木下殿ひとりとは組んで戦いたいが、あの兵卒(へいそつ)とは組みたくはないわい。木下殿がまれなる器量人なのはたしかだしの」

 秀吉は、織田家中では、孤立しているのだ。あれだけ出世が早ければ、同僚やかつての上司、いまの重臣たちから、ねたみそねまれる。

 家康は秀吉の雑人時代を知っているが、特段嫉妬の感情は持っていない。理由は単純で、嫉妬するほどの接点がなかったからだ。

 過酷な人質時代を送り、家臣団からも孤立している家康には、そういう孤独と孤立はよくわかる。つい情をおなじくしたくなるではないか。

「わしは噓はついておらぬ」

 もう一度、家康はじぶんにいいきかせるように言った。

 それがどれほど高くつくことになるか、もちろん家康は知らない。


六 信長昇進拒否


 永禄十三年(一五七〇・元亀元年)、四月十八日、夕刻。洛中徳川家康本陣。

 徳川家康は就寝前、服部半蔵からの報告に驚愕した。

「信長殿が朝廷からの官位宣下(せんげ)を辞退なされた、だと?」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

歴史小説初心者、大歓迎!人気武将4人の悪戦苦闘を描く「4人シリーズ」第1弾

この連載について

初回を読む
金ケ崎の四人 ー信長、秀吉、光秀、家康ー

鈴木輝一郎

戦うだけが、戦(いくさ)ではない。「逃げる」こともまた、戦なのだ。 日本史上稀にみる見事な〝退却戦”、金ケ崎の戦い(1570年)。 信長(37)部下全員置き去りで逃亡。 秀吉(34)殿軍(しんがり)に抜擢も思考停止。 ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません