​合コンの自己紹介は「ポジティブ3対ネガティブ1」

「時間が無いから」「仕事が忙しいから」「独りが楽だから」ーーでも本当は恋をしたい! そんなキャリア女子たちに読んで欲しい。そしてその心理を男性にも知ってもらいたい。「恋愛とメンタリズム」をテーマに、今もっとも人の心に精通している、メンタリストDaiGoさんが贈る『ゼロから幸せをつかむ オトナの恋愛処方箋』の内容を、長期特別連載いたします。

合コンの自己紹介は「ポジティブ3対ネガティブ1」

 合コンやパーティでも必須の「自己紹介」や、初対面ではなくても自分のプライベートなプロフィールを相手に知らせたいとき、また相手に好感をもたれるために自己アピールをしたいという場面でどうすればいいのかを知っておきましょう。

 ここで一番大事なのは、ポジティブな内容とネガティブな内容を3対1にすること。
 これはロサダの法則と言われるものです。これはアメリカの心理学者マーシャル・ロサダが企業内のチームを対象にした調査を行った結果、もっとも生産性が上がり、顧客満足度が高いチームの「ポジティブ要素とネガティブ要素」は6対1だったことが基本になっています。さらに、一般の人が日常的に自らのパフォーマンスを高めるためには、ポジティブな感情が3、ネガティブな感情が1の比率をキープすることがもっとも効果的だ、ということもわかりました。

 これは、上司が部下の力を発揮させたい、伸ばしたい、と思うときには「褒める(ポジティブ)3、𠮟る(ネガティブ)1」がもっとも有効だということです。教師が生徒を指導する場合も同様です。
 「ポジティブ3、ネガティブ1」は「幸せの黄金比」とも呼ばれ、個人の人生においてもこのバランスを保っていることが、もっとも満足度、幸福度が高い状態であるとされます。
 この法則は、さまざまな場面で応用が可能で、自己紹介・自己アピールでも同様です。相手にもっとも好感を与えられて、しかも自分自身にとってもムリがないのは、「ポジティブ3、ネガティブ1」の内容であること。

 「ダメンズにフラれた話、彼氏いない歴の長さ、職場でババアあつかいされている話」などをどっさり盛り込んだ自己紹介は、どんなにラフな合コンでも最悪です。
 まずみんなに大ウケして、それから「つらい経験も笑いに変えられる女性っていいなー」と、誰かが言ってくれることを狙った「自虐ネタ」でしょうが、100%逆効果なので、絶対にやめましょう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ゼロから幸せをつかむ オトナの恋愛処方箋

DaiGo

恋を忘れかけていませんか? 「時間が無いから」「仕事が忙しいから」「独りが楽だから」ーーでも本当は恋をしたい! そんなキャリア女子たちに読んで欲しい。そしてその心理を男性にも知ってもらいたい。「恋愛とメンタリズム」をテーマに、今もっと...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu 合コンの自己紹介は「ポジティブ3対ネガティブ1」 https://t.co/tNtPwTdRAN #スマートニュース 約1年前 replyretweetfavorite

tatsumi_kikaku 公開しました!|[今なら無料!]恋をしたい全てのキャリア女子に贈る、メンタリストDaiGo渾身の1冊! 約1年前 replyretweetfavorite