父の昔の恋人を探してみる

40年前、父親の過去に存在した報われない女性。彼女の存在に不思議と心惹かれた百鳥ユウカは、手探りで探し始めた。

ユウカは迷っていた。

勢いよく飛び出したものの、地図の読めないユウカは空港の周りをあっちにいったり、こっちにいったり。地元だから大丈夫と思って自転車で空港の周りに来たものの、昔とは少し違う建物群と、方向音痴が掛け合わさって、夏空のもと、汗だくになって自転車をこぎながら、ふぅふぅ言っていた。

「あれ、こっちかしら? このへんはもう三鷹なのね。管制塔はあそこに見えるから……はぁ」

体力も底を尽きかけているが、懸命にペダルをこぐ。

きーっきーっ。

自転車のチェーンがきしんだ音をがなりたてる。空港の外から管制塔が見える一角は決まっており、このあたりで間違いなさそうだが、さっきから何べんも同じ道を往復している。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜

菅沙絵

友人たちが彼女につけたあだ名は「レジェンド・ユウカ」。結婚市場に残された最後の掘り出し物という意味だと説明されたが、たぶん揶揄する意味もある。妥協を知らない彼女が最後にどんな男と結婚をするのか、既婚の友人たちは全員興味深げにユウカさん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

o8o8o8o この斜め上をいく執着心にユウカさんへのシンパシーが溢れる回だったな… ≫ 3年弱前 replyretweetfavorite