秀吉に有能な武将がついてこない

歴史小説初心者、大歓迎!どうして、こんな奴らが天下を獲れたのか!? 日本史上稀にみる見事な〝退却戦”、金ケ崎の戦い(1570年)。信長(37)→部下全員置き去り逃亡。秀吉(34)→殿軍に抜擢も思考停止。光秀(55)→経歴不詳。家康(29)→カンケイないのに絶対絶命 !迷走の果て、奇跡の決断ーー。2017年秋、27時間テレビでドラマ化! 「僕の金ヶ崎」(脚本:バカリズム/主演:大杉蓮)原案。



戦国時代の平地での合戦は、白兵(はくへい)による集団戦が基本である。個人の戦闘技術よりも、集団としていかに動くかですべてがきまる。実戦配備される足軽のほとんどが長柄槍(ながえやり)隊なのだ。

 合図にしたがって足軽たちが長柄の槍を叩き、あるいは突く。隊列がととのっているほど崩れにくい。弓矢や鉄砲、石礫(せきれき)などで少しでも遠くから敵の隊形をくずし、そして槍衾(やりぶすま)を整然と前進させると敵は崩れる。

 隊列が崩れてしまえばあとはたやすい。戦国の合戦での最大の特徴は、背後からの攻撃には極端に弱いところにある。

そこで、木下藤吉郎(秀吉)隊である。

「御屋形(家康)のごらんのとおりに候」

 と、本多忠勝にいわれるまでもない。

「まだ半刻と経っており申さぬのにこのありさまに候」

 訓練といっても、たんぽ槍をつかった演習などではない。

 太鼓にあわせ、立ち、座り、立膝になり、また立ち、槍を構えて一歩すすみ、そして高さをそろえて槍の穂先をあげ、一斉にうちおろす。その繰り返しである。

 太鼓の音では距離によって若干の差がでる。太鼓からはなれた場所にいる者が次に鳴る拍子をあらかじめ読み、乱れのないように動作するのが、訓練の主たるものである。

 もちろん、敵もいない場所でくりかえすのは単調で飽きるものだが、重要な基本ほど退屈で飽きやすいという鉄則がある。足軽たちの士気を維持し、督戦(とくせん )するために騎馬武者がいるのだ。

 ところが。

 木下隊の足軽では、太鼓の音に槍を打ち下ろす足軽はまだましなほうだったのだ。もちろん、太鼓の音を聞いてから打ち下ろすので、太鼓から離れるほど動作は遅れる。それが全体の二割。体力がないのか真剣味がないのか、笠もかぶらず腹巻(足軽用の簡易防具)もつけずにちんたら形だけ動作しているのが六割。あとの二割は、その場で座りこんでいるとか隣の足軽と雑談しているとか—はやい話が、まるで軍隊の様相を呈していないのだ。

 気の毒なのは、大将の秀吉であった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

歴史小説初心者、大歓迎!人気武将4人の悪戦苦闘を描く「4人シリーズ」第1弾。

この連載について

初回を読む
金ケ崎の四人 ー信長、秀吉、光秀、家康ー

鈴木輝一郎

戦うだけが、戦(いくさ)ではない。「逃げる」こともまた、戦なのだ。 日本史上稀にみる見事な〝退却戦”、金ケ崎の戦い(1570年)。 信長(37)部下全員置き去りで逃亡。 秀吉(34)殿軍(しんがり)に抜擢も思考停止。 ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 約3年前 replyretweetfavorite