正しいのは経験か理論か、クリームソーダは美味しいかどうかで決める

真実を知るために、頼るべきは経験か論理か。その答えを知るために、ゾンビ先生は青年ひろが大好きな「田中珈琲店のクリームソーダは美味しいかどうか」という例え話を用いて話してくれた。書籍『(推定3000歳の)ゾンビの哲学に救われた僕(底辺)は、クソッタレな世界をもう一度、生きることにした。』より特別連載。

—ゾンビ先生の哲学授業 第8回「帰納法と演繹法」後編—

先生 よくわからん奴じゃの……。情緒の暴走はよしなさい。なにごとも中庸が大事じゃぞ、中庸が。まあ話を進めるが、三段論法のように、頭を使い順序立てて物事を思考する方法を「演繹法」と言うんじゃ。デカルトの方法的懐疑も演繹法じゃな。

ひろ 「我思うゆえに我あり」の方法的懐疑が?

先生 方法的懐疑は、疑いようのない真理を第一原理と定め、そこから順番に、一段一段せいろを積むように理論を重ねていく考え方じゃ。方法的懐疑や三段論法、あるいは数学の定理のように、理論を組み立てて理性的に考えていく方法を演繹法と呼ぶのじゃ。

ひろ うーん、もうひとつスッキリしないなあ。ハッキリしないなあ演繹法。

先生 演繹法は、帰納法と対比させればわかりやすくなる。帰納法の概念を学んでから、「帰納法じゃない方が演繹法」と覚えるとしっくりくるはずじゃ。

ひろ じゃあ帰納法をお願いします! 帰納法を勉強するなら、今でしょ! 帰納法なのに昨日でも一昨日でもなく、今でしょ!!

先生 ガブリッ!!

ひろ ノオオオ—ッッ(涙)!!!

先生 ……安心せい。甘噛みじゃ。帰納法とは、西暦1600年前後にイギリスの哲学者ベーコンによって提唱された認識の手法じゃ。演繹法が理論や思考を重んじるのに対し、帰納法では経験こそがすべてとみなす。経験や観測、実験など現実的なデータから共通の法則を見つけようとするのが帰納法じゃ。……例えが必要じゃな?

ひろ お願いしますよう! 草木に水が必要なように、韓流ドラマに身内の不幸が必要なように、ひろには例え話が必要なんです!

三段論法で「田中珈琲店のクリームソーダは美味しい」と証明するには?

先生 わしも評判を聞いたんじゃがな、ここのクリームソーダは美味しくて有名だそうじゃな。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

哲学を学ぶと人生が楽しくなる。ふざけたタイトルですが生きるためのヒントが詰まっています。

この連載について

初回を読む
ゾンビの哲学」に救われた僕は、クソッタレな世界をもう一度、生きることにした。

さくら剛

さくら剛の超・哲学入門! 「とっつきにくくて、わかりにくい」、「でも、人生の役には立ちそう」。本書は、そんなやっかいな哲学を「冴えない青年“ひろ”が、古代ギリシア生まれの哲学者“ゾンビ先生”から学んでいく物語」です。哲学とは? この世...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 8日前 replyretweetfavorite