SMの授業を受けながら「自分を信じる」ということについて学ぶ

スチャッ。あなたにはこれが鞭(むち)に見えるの? それともヘビに見えるのかしら? ビシイッッ!! SMの授業を受けながら、17世紀フランスの哲学者デカルトが残した「「我思う、ゆえに我あり」という言葉を学ぶ。書籍『(推定3000歳の)ゾンビの哲学に救われた僕(底辺)は、クソッタレな世界をもう一度、生きることにした。』より特別連載。

—エリ先生の哲学授業 第2回「デカルトと方法的懐疑」—

ひろ 先生〜エリ先生! 餃子を! 王将の餃子食べていかないんですか!? じゃあクレープでもいいですから! ちょっと休みましょうよ! 休息一下! ほら、ファーストキッチンもありますよ。あそこ、僕が初めてゾンビ先生の授業を受けたとこなんです! 一緒にフレーバーポテトをつまみましょうよ〜ねえねえ〜〜。

エリ 私は人間の食べ物は食べられないの! どうしてもランチにしたいんなら、あんたが餃子を食べてる時に私はあんたを食うけどいい!?

ひろ そんな殺生な!! いやです!! ランチタイムに自分が食べられるなんてイヤッ!!

エリ じゃあこのまま歩くよ。ここから明大前までは、今日の二講目としてデカルトの方法的懐疑

を取り上げるわ。

ひろ えっ? VOCALOIDとニコニコ超会議?

エリ 方法的懐疑!! あんたふざけてんのマジでっ!?

ひろ オーノー! アイム シリアス! お腹が空いてるから聞き間違えちゃった! でも仕方ないよね意地悪されて腹ペコのまま講義を受けているんだから! 集中できないのも当然だよね!

エリ バカね。空腹の方が頭は冴えるのよ? 食後は消化にエネルギーを使うから頭が回らなくなるし、飢餓状態に近くなれば、生物は生き延びるために普段以上の集中力を発揮できるのよ。

ひろ ふうん。まあどっちでもいいですよそんなことは。空腹とか満腹とかそんなくだらないことより、哲学しましょうよ。空腹と集中力の議論はとりあえず引き分けってことで。双方痛み分けということでね。

エリ ビシイッッ!!

ひろ 痛いっっ!!! 痛み分けにしようと言ったのになんで叩くんですかっ!! 僕ばっか一方的に痛いなんてひどい!!

エリ 方法的懐疑はにつながる思考方法で、徹底した懐疑を行うことにより消去法で真理をあぶり出すという概念よ。

ひろ へ〜〜、なんかすごいなあ〜〜。言ってる意味はひとつもわからないけど、ギリシャ人のエリ先生がそんな難しい言葉を使いこなしてるのがすご〜いです。どうしてそんなに日本語ペラペラなんですか?

エリ そんなもの、勉強したからに決まってるでしょ。3年前にゾンビ先生が渡日してから勉強を始めて、私だって日本に来てもう1年よ。別におかしくないでしょ。

ひろ でも僕だったら絶対無理ですよ、独学で外国語をペラペラまで修得するなんて。しかも専門用語まで使いこなすなんて、並大抵じゃないです。

エリ 並大抵以上に勉強したわよもちろん。まあ人間、死ぬ気になればできないことなんてないのよ。

ひろ いやいや、死んでるけどねっ!! もう死んでるのに「死ぬ気になれば」って超ウケる!! しかも人間じゃないし! ゾンビだし(笑)!!

エリ ミン ギタスカトセメーナ!!! ビシイッッ!!!

ひろ ゙ゔいいいいだ゙いっっ!!!

エリ なめるんじゃないわよ!!! なんなのその態度!? ひろの分際で! 調子に乗ってるといい加減痛い目に遭うわよあんたっ!!

ひろ だから痛い目に遭わせてから言わないでくれますかそのセリフ!!! 「痛い目に遭うわよ」ってのは痛い目に遭わせる前に言う言葉でしょうが!!! 順番がおかしいんですって!!! その辺もう少し日本語ちゃんと勉強してよ!! もう、いいです。言葉のことはいいから、なんとか会議について教えてください!

エリ 方法的懐疑!

ひろ そう、その会議!

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

哲学を学ぶと人生が楽しくなる。ふざけたタイトルですが生きるためのヒントが詰まっています。

この連載について

初回を読む
ゾンビの哲学」に救われた僕は、クソッタレな世界をもう一度、生きることにした。

さくら剛

さくら剛の超・哲学入門! 「とっつきにくくて、わかりにくい」、「でも、人生の役には立ちそう」。本書は、そんなやっかいな哲学を「冴えない青年“ひろ”が、古代ギリシア生まれの哲学者“ゾンビ先生”から学んでいく物語」です。哲学とは? この世...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません