​後輩女子を味方につける女子会のファッション

「時間が無いから」「仕事が忙しいから」「独りが楽だから」ーーでも本当は恋をしたい! そんなキャリア女子たちに読んで欲しい。そしてその心理を男性にも知ってもらいたい。「恋愛とメンタリズム」をテーマに、今もっとも人の心に精通している、メンタリストDaiGoさんが贈る『ゼロから幸せをつかむ オトナの恋愛処方箋』の内容を、長期特別連載いたします。

後輩女子を味方につける女子会のファッション

 ここまでも書いてきた通り、世の中には美男美女と、そうでもない人がいます。だいたいの場合において美男美女は恋愛においても仕事においても「得」なことのほうが多いのですが、必ずしもそうではないこともある。それをまず知っておいてください。

 たとえば、男性は美人に対しての評価が高く、おおむね好意的です。しかし女性は同性の美人に対して点が辛い。美人というだけで、評価がかなり下がります。
 カプラン(コーネル・メディカルセンターのヘレン・カプラン博士)は、学者を対象にして面白い調査を行いました。その結果、男性が他人の論文を評価した場合、論文の執筆者が美人、イケメンだった場合、論文の内容に対しての評価はより高くなることがわかりました。ところが、評価者が女性だった場合、執筆者が男性でイケメンだった場合は論文の評価は高くなるのですが、執筆者が女性で美人だった場合、評価が低くなる、ということがわかりました。つまり女性は美人に対して、非常に厳しいということです。

 男女のピアニストに対する評価についても同様の研究がありますが、女性審査員が女性ピアニストの演奏を評価すると、男性審査員よりも評価が低くなります。どの世界でも、女性に対する女性の妬みというのは、なかなか恐ろしいということです。美人が「損をする」典型的な例といえるでしょう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

続き・全文を見たい方はこちら!恋をしたい全てのキャリア女子に贈る、メンタリストDaiGo渾身の1冊!

この連載について

初回を読む
ゼロから幸せをつかむ オトナの恋愛処方箋

DaiGo

恋を忘れかけていませんか? 「時間が無いから」「仕事が忙しいから」「独りが楽だから」ーーでも本当は恋をしたい! そんなキャリア女子たちに読んで欲しい。そしてその心理を男性にも知ってもらいたい。「恋愛とメンタリズム」をテーマに、今もっと...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tatsumi_kikaku 公開しました!|[今なら無料!]恋をしたい全てのキャリア女子に贈る、メンタリストDaiGo渾身の1冊! 3年弱前 replyretweetfavorite