笑福亭鶴瓶VS明石家さんまを語り尽くす

さんまの生い立ちは本当に悲しいものなのか

好評発売中の『笑福亭鶴瓶論』著者てれびのスキマさんと、メールマガジン『メルマ旬報』で「明石家さんまヒストリー」を連載するエムカクさん、そして司会には同じく「格闘技を創った男~プロモーター野口修評伝~」を連載中の細田昌志さんを迎えて行われたトークイベント。
第四回は笑福亭鶴瓶と明石家さんまの生い立ちから、さんまと島田紳助、同期であるふたりの関係性について。エムカクさんは紳助の復帰の可能性をどう考えているのでしょうか。


左からエムカクさん、てれびのスキマさん、細田昌志さん B&Bにて

超能力者・鶴瓶

てれびのスキマ(以下、スキマ) 若い頃、鶴瓶さんのキャラクターのひとつに「超能力が使える」というのがあったんです。

細田昌志(以下、細田) ほう。

スキマ 鶴瓶さんは1972年入門なんですけど、74年頃にユリゲラーブームがあって、スプーン曲げが一世を風靡した。鶴瓶さんは「こんなのは俺でも曲げれる」と言って、実際に曲げちゃうんですよ。力が強い人だから、力で曲げたんだと思うんですけど(笑)。
 そしたら注目されて、新聞の取材を受けることになった。そこで「封筒に入れた数字を当ててみてくれ」と試されて、当てちゃうんですよね。

細田 すごい!

スキマ カンが鋭いんですよ。その後、スポーツ新聞で競馬予想の連載をはじめるんですが、そこでも最初に当ててしまう。
 競馬を当てるのは小学生の頃からやっていたそうです。近所のおっちゃんに競馬に連れて行ってもらって、鶴瓶さんが言った数字をおっちゃんが買ったら当たっちゃって、40万儲かったらしいんですね。高校卒の初任給が1万円の頃だからかなりの額。それをそのままもらったそうなんですよ。

エムカク おっちゃん、すごいな。

スキマ けっこう男気のあるおっちゃんだったみたいで。でも親は当然その経緯を知らないから怒られたそうです。結果的にそのお金で、家を建て増してるんですけどね。当時の鶴瓶さんはいわゆる長屋住まいだったんですが、台風があるごとに広さが変わるような家だったらしいです(笑)。

細田 長屋で育った環境が笑福亭鶴瓶という稀代の人物を作ったとも言えるんでしょうかね。

スキマ 人との付き合い方の濃さなんかは、そうでしょうね。とくに『家族に乾杯』は長屋時代をそのままやっている感じがありますよね。

さんまと家族の関係は

細田 幼少の頃の話というと、さんま師匠の生い立ちはかなり切ないですよね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
笑福亭鶴瓶VS明石家さんまを語り尽くす

細田昌志 /エムカク /てれびのスキマ(戸部田誠)

「スケベ」というキーワードをもとに、芸人・笑福亭鶴瓶の生き方を深く掘り下げたcakes連載「鶴瓶のスケベ学」。これをまとめた『笑福亭鶴瓶論』(新潮新書)の刊行を記念して、著者のてれびのスキマこと戸部田誠さんと、水道橋博士が発行するメー...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

urbansea Cakesの有料会員になっていると最近になって気づいたのだが、そのCakesにある戸部田誠 / エムカク / 細田昌志の鼎談、第4回で軽く戸部田が島田紳助について話している部分、面白い。https://t.co/slpC9tG21v 12ヶ月前 replyretweetfavorite

marekingu #スマートニュース 12ヶ月前 replyretweetfavorite

MKprunuspersica メインテーマも興味深いが、2000年代の島田紳助を題材にした本、是非読みたい! 12ヶ月前 replyretweetfavorite

u5u 4回目です! 12ヶ月前 replyretweetfavorite