国鉄 vs JR

第22回】[鉄道員のDNA No.5]SLの火を絶やすな 整備ノウハウの継承者

時澤文夫(JR東日本高崎車両センター高崎支所技術専任役アドバイザー)/我妻 翼(JR東日本大宮総合車両センター車体科 SL班)

 車両の“病院”と呼ばれるJR東日本大宮総合車両センター。数年に1度のペースで実施されるSLの大掛かりな検査は、部品一つ一つを分解して異常がないかどうかを入念にチェックする。運用しながらでも不具合を解消できる電車とは違い、SLは小さなほころびが大きな故障につながってしまうからだ。「現場に不良車両を出さないよう、ここで必ず食い止める」。整備士の我妻翼さんは、そう意気込みを語る。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
国鉄 vs JR

週刊ダイヤモンド

1987年、負債37兆円を抱えて日本国有鉄道は崩壊した。代わって誕生したJR7社は自律的な経営へ転じ、利益追求主義へとかじを切った。それから30年。7社の明暗はくっきりと分かれ、負け組企業には存続の危機が迫る。分割民営化の「ひずみ」が...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません