クロサカタツヤ×田端信太郎×中村仁×山本一郎座談会 後編

コンサルタントのクロサカタツヤさん、LINE株式会社執行役員の田端信太郎さん、「豚組」「miil」で知られる中村仁さん、そして元切込隊長の山本一郎さんという豪華メンバーで行われた座談会も後編。どうしたって思い通りにならないのが子育てというもの。これだけ仕事で活躍されているみなさんも、やはり子育てではかなり悩まれているようです。後編はどんなお話が飛び出すのでしょうか。

私立にするか公立にするか

中村 山本さんはロシア以外の幼稚園はどこか探されたんですか?

山本 最初はシンガポールか、ロシアか、中継地点の札幌か、東京かで悩んでいたんです。4ヶ所のうち、1ヶ所の幼稚園にずっと行かせようと思っていたんですが、シンガポールは合わなくて、ロシアと日本で迷って、結局東京になったんです。

中村 それはどうやって調べるんですか?

山本 全力で調べるんですよ。電話して。電凸ですよ。

クロサカ・田端・中村 あはは。

山本 私の電凸能力を甘く見ないでくださいよ。私立も区立も通えそうな幼稚園を全部リスト化して上から順番に電話ですよ。

田端 それ、奥さんにまかせたりしないんですか?

山本 妻は、wishとかwill。実現が私です。妻が隣の区の区立や私立に入りたいって言ったら、ですよねーって言って電凸です。教育委員会とかにも電話します。

クロサカ・田端・中村 ぶははははは。

山本 私は電話が本当に気にならないんですよ。どんなところにも電話してしまうんです。調べものや交渉、電話が好きなんですよ。メールを送って返事を待っている間が嫌いなんです。

中村 わかるわかる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
この国で子を育てるということ

山本一郎

cakesオープン時に掲載された山本一郎さんのエッセイ「この国で結婚をするということ」。大きな反響を呼んだこの記事ですが、今回はその続編ともいえる座談会。山本さんをはじめ、コンサルタントのクロサカタツヤさん、LINE株式会社執行役員の...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

Asa0_41 後編は無料じゃないけど貼っとく 1年以上前 replyretweetfavorite

editoryokota なんですかこの100年はもつウィスキーのような面子はw http://t.co/BE1ZHZNTuQ 2年弱前 replyretweetfavorite

tabbata 教育について語ったら思いのほか 2年弱前 replyretweetfavorite

bishop_ring この中のやまもとさんの子育て話は最高で、「嫁はwish、僕は電凸」は僕の心の支えですね。 約2年前 replyretweetfavorite