危険な外国のナンパ男から、身を守る方法

東京オリンピック開催で、今後は国内の外国人も増えてきそうです。それに際し、中村さんが気をつけたほうがいい考えているのが、外国人男性のナンパです。彼らのなかには、「日本人女性はチョロい」と考え、強引に誘ってくる悪質な人もいるようで……。危険なナンパをされた時、いったいどうすればいいのでしょうか?

紳士から野獣へ豹変した外国人男性

先日、東京の街中で家路についていた知人の女性が、外国人に声をかけられたそうです。

最初は、「新宿に行きたいのだけど、こっちであってますか?」という、当たり障りのない声がけ。それに彼女は答えたのだけれど、つづいて「一緒に飲みに行きませんか?」というお誘いに。

見た目は180㎝以上の長身で、おしゃれなスーツ姿の男性。出張でアメリカから東京に来ていると自己紹介もしてきたそうです。

声をかけられた彼女は、「食事した直後で満腹だし、家で家族が待っているので……」と断ったところ、それまでの彼の態度が激変。驚くことに、彼が口にしたのは……。

「日本人女性を誘うのなんて簡単だよな! 昨日は青山、一昨日は品川で声をかけたけど、みんなすぐに僕とベットをともにしたよ。しかも、ホテル代もご飯代もみんな彼女たちの奢りでね!」

という言葉でした。さらに、彼女に向かって執拗に、英語で外見に関する罵倒をつづけてきたそうです。

彼女は、あまりのことに言い返すこともできず、彼が去るのを見届けるにとどまったものの、後日、どうして言い返さなかったんだろう?と怒りと後悔で泣いてしまったのだとか。

この事情を彼女のSNSで知った私がまず思ったのは、2つ。

こうした残念な出来事は、外国人の来日が増えるオリンピックに向けて、どんどん増えていくんじゃないだろうか?ということ。それと、やっぱり、日本人女性は外国人男性に、ついて行っちゃう人多いんだなぁ、ということです。

私自身が体験した、危ない国際交流

実は私自身も、東京で出会った外国人とのコミュニケーションで、ひやっとした経験が何度かあります。路上のナンパではありませんでしたが、彼らは、強引なやり方で一線を越えてくることがありました。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
パリジャン十色

中村綾花

“花の都”と称され、雑誌やテレビでもその優雅なイメージが特集されることの多い、フランスの首都・パリ。パンやスイーツはおいしいし、ファッションは最先端だし、歴史ある建物たちも美しいし、住んでいる人もおしゃれな人ばかり……と思いきや、パリ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

jeoshawaii 冒頭の話、白人ナンパ師あるある。NOと言うと、黄色い猿女が俺様を断るとか心外と言わんばかりに英語で罵詈雑言。こう言う輩にはフレンドリーに事務的に対応、そして自分は同性愛であることを仕草でメンション。私の自衛策。https://t.co/7WJUdV214b 1年以上前 replyretweetfavorite

marekingu #スマートニュース 1年以上前 replyretweetfavorite

yoko_ping よし!私、トルコの時身を守れた!NOも言ったし、日本人女性をなめるなとも言った!でも何であの時付いていったか今でもアホだなぁと思う… 1年以上前 replyretweetfavorite

marekingu #スマートニュース 2年弱前 replyretweetfavorite