神田松之丞“絶滅危惧職”講談師を生きる!

第十一回 講談とお客さんを信頼するということ

東京の演芸界では、若手の男性講談師が希少な存在である。神田松之丞は、絶滅危惧職と言っていいほどに成り手の少なくなった、その講談師だ。真打という近い未来を見据えて、彼はこれからどこに向おうとしているのだろうか。


撮影・青木登(新潮社写真部)
 師匠の神田松鯉は、端物と言われる一話完結のネタではなく、連続物こそが講談の命だと考えて、それが主流ではない時代からずっと実践してきた。当然ながら松之丞もその考え方を受け継いで守っている。松之丞が最近ネタ下ろしをした中に「畔倉重四郎」という話がある。名奉行・大岡越前守の政談の一つで、極悪人が人を身代わりにして死罪を逃れようとする。起伏の多い内容だ。

「『畔倉重四郎』という話は筋が面白いんですね。会の感想を聞いたら『松之丞さん、いつもと違ってぼそぼそやってたんだけど、逆に引き込まれてよかった』と。僕自身をその畔倉に完全に委ねて演じたんです。細かい工夫というよりも、講談に身を委ねた。それが連続物の醍醐味で、お客さんはそれで『次どうなるんだろう』って興味を持ってくれて、僕と一緒に『畔倉重四郎』の世界に引き込まれていく。お客さんをどこまで信用していいのかというのは自分の中で大きな問題なんですけど、そのときは『松之丞がネタ出しをするんだから面白いんだろう』と、それだけで来てくれた人がいた。ありがたいと思いますね」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

10月号は中江有里さん新連載「残りものには過去がある」ほか。あらゆるエンタメを自由に楽しむ電子の文芸誌、毎奇数月第3金曜に配信!

yom yom vol.46(2017年10月号)[雑誌]

最果タヒ,中江有里,花房観音,成田名璃子,藤井太洋,三上延,中山七里,ふみふみこ,乾緑郎,吉野万理子,早坂吝,新井久幸,青柳碧人,トミヤマユキコ,益田ミリ,カレー沢薫,梶尾真治,柏井壽,望木珠海
新潮社
2017-09-15

この連載について

初回を読む
神田松之丞“絶滅危惧職”講談師を生きる!

神田松之丞 /新潮社yom yom編集部 /杉江松恋

ここ数年、演芸ファンの注目を集め続けている男がいる。 神田松之丞、1983年生まれの33歳。90年代以降、東京の講談界では入門者の多くが女性であり、日本講談協会にも、もう一つの講談団体である講談協会にも、彼以降に入門して現在まで現...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません