何でもクソミソにする胃腸の不思議

高級フルコースを食べてもカップ麺を食べても、胃で消化してしまえば同じもの。どんな美味も香気も、等しく悪臭ふんぷんたる代物に変わってしまう……。それが「消化」の作用です。それにしても、一体、あのにおいの原因はどこから来るのでしょう? どうして大便の色は、茶色になるのでしょうか? 医療小説の名手・久坂部羊さんが、何でもクソミソにしてしまう胃腸のヒミツに迫ります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ヒトラーは睾丸一個? モーツァルトはウンコ好き? カラダのトリビア満載の一冊

この連載について

初回を読む
カラダはすごい! モーツァルトとレクター博士の医学講座

久坂部 羊

ようこそ、ミステリアスな医療の世界へ――。本講座では、モーツァルト、レクター博士、手塚治虫、ドストエフスキー、芥川龍之介、ゴッホ、デビットボウイなど、文学や映画、芸術を切り口に人体の不思議を紐解いてゆきます。脳ミソを喰われても痛くない...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません