心のベストテン

追悼チェスター・べニントン(リンキン・パーク)

2017年7月20日、リンキン・パークのボーカリストであるチェスター・ベニントンさんが自宅で自殺しました。今回はチェスターの生と死に想いを馳せます。
芸人、DJとして活躍されているダイノジ・大谷ノブ彦さんと、音楽ジャーナリストの柴那典さんの響きあうナビゲーションをお楽しみください。

41歳のロックスターが突然の自殺

柴那典(以下、柴) 今回は重い話ですが、このことについてどうしても語りたいと思うんです。7月20日、リンキン・パークのチェスター・べニントンが自宅で首を吊った状態で死亡しているのが発見されました。

大谷ノブ彦(以下、大谷) 突然でしたね。

 正直、最初は「なんで?」と思ったんです。すでに成功も果たしているし、新作は冒険作で賛否両論だったけれど、そんなことは別に自殺する理由にならないだろうし。

大谷 そういうタイプのミュージシャンとも思ってなかった。

 そうそう。ただ、僕はcakesの渡辺由佳里さんの記事「ロックスターの自殺が浮き彫りにする性暴力被害者の苦悩」を読んで初めて知ったんですが、チェスター・ベニントンは幼いころに性暴力の被害を受けていた。そのサバイバーだった、と。

大谷 僕もこれ、読みました。衝撃だったな……。

 これを読んで、結構、心に突き刺さるものがあって。というのも、でチェスターは76年生まれで41歳なんですよ。これまでの歴史において、シド・ヴィシャスやカート・コバーンやのように20代で死を迎えてしまうロックスターは多かったわけですよね。
 若くして巨大な名声を急に得て、その混乱の中で亡くなってしまうような。でも、チェスターについては、そういう話とは少し違う。

大谷 つらすぎるなあ。だって外側から観ていたら、バンドの成功で過去を克服したんだ、ハッピーエンドだったんだろうって勝手に解釈しちゃうもん。
 でも、個人の深い悲しみって、本人にしかわからないところがあって。簡単に傷は消えないし、突然フラッシュバックするようなこともあるのかもしれない。

 チェスターの死を受けて、各地でファンに寄る追悼集会が開かれていたんです。それに参加した人がインスタに投稿した動画を観ても、みんな歌ってるんですよ。


cinescreamproductions|instagram

大谷 大合唱ですね。

 これを見ても心にくるものがあって。「ああ、こんな風にリンキン・パークって愛されてたんだ」って改めて思ったんですよ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
心のベストテン

大谷ノブ彦 /柴那典

「音楽についてパァッと明るく語りたい! なぜなら、いい音楽であふれているから!」。ハートのランキングを急上昇しているナンバーについて、熱く語らう音楽放談が始まりました。 DJは、音楽を愛し音楽に救われてきた芸人、ダイノジ・大谷ノブ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 2年弱前 replyretweetfavorite

mu_uuy SKIーHI「0570ー064ー556」についての記事を見つけました。曲だけでなくSKIーHI自身にも注目されている対談記事です!読みたい方はコチラから読むことができます☟ https://t.co/whDvtNPhJ1 2年弱前 replyretweetfavorite

mu_uuy SKIーHI 「0570ー064ー556」についての記事を見つけました。その他、少し重い話もありますが、読みたい方はコチラから対談記事が読めます☟ https://t.co/whDvtNPhJ1 2年弱前 replyretweetfavorite

yu_llri 本当の闇は抜けられないことも。ただ、何が救いになるかも分からない。→ 2年弱前 replyretweetfavorite