​結婚なんてしなくていい

以前、この連載で「結婚てこんなに素晴らしい」という記事を書いた林伸次さん。今回は「結婚なんてしなくていい」という真逆のテーマです。ご自身にとって結婚が素晴らしいものであると信じている林さんですが、「結婚しなければいけない」という圧力には否定的なようです。

結婚が当たり前だったのは昭和の一時期だけ

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

この夏、お盆に里帰りしてご両親に「誰か良い人いないの?」とか「そろそろ結婚しなさい」なんて言われた方いませんか? 面倒くさいですよね。どうしてあの昭和の人たちは、あんなに「早く結婚しなさい」を連発するのでしょうか。

彼ら昭和の時代の人間は「結婚はある程度の年齢になったら誰でもするもの」と信じているんです。6歳になったら小学校に行くように、高校や大学を卒業したら就職するように、結婚は20代の半ばあたりになったら誰でもするものと考えています。でも、日本人がそんな風に結婚していたのって、日本の長い歴史の中で昭和の一時期だけだってご存じですか。

江戸時代も明治時代も、実は日本はそんなに結婚率が高くなかったそうなんです。例えば江戸時代、日本人はどうして結婚したかというと、「長男が家を継ぐため」だったんです。次男や三男は、跡取りの男性がいない家に婿入りする以外はあまり結婚するチャンスはなかったようです。

しかし昭和の一時期だけ、ほとんどの成人が結婚をしたようなんです。そしてそのほとんどが今の親やその上の世代なので、あたかも「大人になったら結婚するのが当然」かのように思って、「早く結婚しなさい」と子供の世代に口うるさく言っているというわけなんです。

どうして昭和の時代は結婚率が高かったかというと、近所や親戚のお見合いおばさん達の存在が大きかったようです。しかし、最近はお見合い結婚を望む人が減りましたし、そういうお見合いおばさんを誰もかってでないのでしょう。お見合い結婚が昭和の時代より少なくなり、平成の結婚率も下がったということです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

DanaDana418 そうはいっても結婚はしたいけどね、でもこういう話を聞くと「仕方ないな」と自分を許せる気もする。 2年弱前 replyretweetfavorite

YaruzoKeizoku まちがってないけど、このままでは少子化が進んでしまう 2年弱前 replyretweetfavorite

YaruzoKeizoku この考えだと、日本の人口は減って滅びる 2年弱前 replyretweetfavorite

kou_kuri 結婚なんてしなくていい|林伸次 @bar_bossa | 2年弱前 replyretweetfavorite