原付の二人乗りで、日野や八王子の夜を巡る

文子さんと付き合い始めた小森谷くん。2人はネコのようにじゃれあう仲良しなカップルとなり、夜な夜な原付の二人乗りででかけ、夜景を楽しんでいた。だが、原付の二人乗りは違法行為。どうすべきかと考える彼のもとに舞い降りたアイデアとは……。
末期がんを宣告された男性の❝ありそうでなかった❞半生を描いた、『小森谷くんが決めたこと』を特別掲載!

 東京の西の外れに、ネコのようにじゃれあう仲良しカップルが生まれた。

 二人は毎日のように会い、会えないときは電話をした。

 どうということのない会話は、いつまでも続いた。

 喋って、喋って、笑いすぎて、はあ、はあ、と息をつきながら、また喋った。スイングし共鳴する二人は、とても相性がよかった。

 文子さんは彼より三つ年上の二十四歳で、おしゃれさんだった。だけど明るくて天然気味で、彼としてはあまり年齢差を感じなかった。

 彼女と一緒にいるのが楽しくて、ずっと一緒にいたくて、彼女のことが大好きだった。

 一人でいるときも、文子さんのことを思いだした。

 するとなんだか可笑しくなってきて、いろんなことが嬉しくなって、知らないうちに涙がでたりした。

 幸せとはこういうことなのか、と彼は心から理解した気分になる。

 彼女のいる八王子に原付で向かうとき、ヘルメットの下の彼は半笑いだった。

 高校のときに免許を取って、中古で買った銀色のDioだった。

 リミッターを外して、先端を尖らせ、高尾山でミッドナイトレースをして、先生に追い回され、何度か転んで、もともとぼろぼろだったものがさらにぼろぼろになったDio。

 でも今、それは彼女のもとへ向かう、魔法のじゅうたんだ。

 彼女には仕事があったし、彼にもバイトや授業があったから、会うのは夜や夜中が多かった。

 二人とも睡眠時間が極限まで削られていったが、あまり気にしていなかった。

「じゃあ行こうか」

「うん、しゅっぱーつ!」

 八王子発、原付バイクで夜景巡り、というのが二人の間で流行っていた。

 夜景のきれいそうなところで時間を過ごす、というだけのことだったが、二人にとってはとてつもなくロマンチックな時間だ。

 その夜、二十三時を過ぎていたが、大きな通りにはまだ人が歩いていたし、車の通行量も多かった。

 二人はなるべく人通りの少ない路地裏を選び、こそこそとバイクで走った。

 原付の二人乗りはもちろん道路交通法に反しているので、みんなは決してマネをしてはいけない。

 岡本くんのヘルメットを被った彼女が、彼にしがみついた。浮き立つ気持ちを抑えながら、彼は慎重にバイクを走らせる。

 人目を忍びながらしばらく走り、目的の川原に着く。彼にとっては見慣れた光景で、だけど懐かしい光景だ。

「おお! 懐かしいぞ」

 バイクを駐めて土手に降りると、用意していた缶コーヒーで乾杯した。そこは彼が高校時代に、授業をサボって毎日のように遊びに来ていた川原だった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

突然、余命2か月の末期がんといわれた30代男性の半生を人気作家が小説化!

この連載について

初回を読む
余命2か月といわれた男—小森谷くんが決めたこと

中村航

僕、余命2ヶ月って言われたんですよ。でも、生き残っちゃいましたけど――。末期がんを宣告された30代男性の“ありそうでなかった”半生を、「100回泣くこと」の著者・中村航が小説化!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません