深夜の公園で、いろんなころを話し続けた

話があるからと、仕事終わりの文子さんを呼び出した小森谷くん。たどり着いた公園で、意を決して告白した彼のその後は……?
末期がんを宣告された男性の❝ありそうでなかった❞半生を描いた、『小森谷くんが決めたこと』を特別掲載!

 翌日の夜、彼は原付を飛ばした。

 美容院が二十時に終わり、さらに二十二時まで残業があるらしく、約束の時間は二十二時半だった。

 八王子にある文子さんの部屋には十分くらいで着く。

 もう何度目の告白だろう、と彼は思う。

 こんな夜遅くに告白するのは初めてだった。

 そしてこんな自然な感じに相手のことを好きなのも、実は初めてだった。

「仕事、おつかれさまー」

 彼女と合流したときも、彼は落ち着いていた。

「うん、わざわざありがとう。どうしたの? 今日は」

 文子さんはコンビニの袋をぶら下げていた。

「ちょっと話があって。十分くらい歩くけど、公園行ってもいい?」

「うん。行く」

 並んで歩きだしても、彼はさほど緊張しなかった。

 自分をよく見せたいとか、相手のためにどうするべきかとか、文子さんといるときにはほとんど考えなかった。多分、彼女には、相手をリラックスさせる才能がある。

「最近、缶チューハイにハマっててさ。昨日も土岸と飲み過ぎちゃったよ」

「あ、あのラムネのやつ? わたしも好き!」

 どうということはない話をしながら、二人は歩いた。

 公園に着くと、見晴らしのいい高台に上り、腰を下ろす。

「ここねー、あたしもときどき来るよ」

「あ、おれも来たことある。景色がいいよね」

「うん。仕事帰りにわざとここを通って、ビール飲むの」

「へえー、いいなー」

「あ、今おにぎりあるけど食べる?」

「いいの? ラッキー!」

 文子さんはコンビニの袋から、おにぎりを二個取りだした。

「小森谷くんは、おかかとシャケとどっちがいい?」

「うーん、どっちもいいな」

「じゃあ半分ずっこしようか」

「うん」

 告白をしにきたというのに、半分分けてもらったおにぎりを、彼はもぐもぐと食べていた。

 やっぱり好きだな、ともぐもぐしながら思う。

 おにぎりは海苔がしっとりしているタイプで、彼の好みと合致している。もぐもぐもぐもぐ。

「今日は結構、忙しくてさ。お腹空いちゃったよ」

「大変だね。お昼は?」

「十一時にカップラーメン食べただけだよ。あとお菓子食べた」

 会話が五秒途切れたら、告白しようと思っていた。だけど二人でいると、ほとんど会話が途切れなかった。

「ねえ、」

 と、彼は言った。その後、口をつぐんだら、一秒、二秒、と、静寂が生まれた。

「おれ、文子さんのことが好きで。付きあってほしいんだ」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

突然、余命2か月の末期がんといわれた30代男性の半生を人気作家が小説化!

この連載について

初回を読む
余命2か月といわれた男—小森谷くんが決めたこと

中村航

僕、余命2ヶ月って言われたんですよ。でも、生き残っちゃいましたけど――。末期がんを宣告された30代男性の“ありそうでなかった”半生を、「100回泣くこと」の著者・中村航が小説化!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません