私たちはなぜ「不完全」なまま存在するのか

イデアを知ることは、私たちは不完全である、ということを知ること。人間には、限りなく「イデア」に近い人間と、そうでない人間がいるのだろうか? 書籍『(推定3000歳の)ゾンビの哲学に救われた僕(底辺)は、クソッタレな世界をもう一度、生きることにした。』より特別連載。

続 - エリ先生の哲学授業 第1回「プラトンとイデア」

ひろ 怒鳴らなくていいでしょ褒めるんならっ!! もう! 怖い! ……それで、そのイデアが認識とどう関係があるんですか? 犬とか直線のイデアがあったらなんなんですか?

エリ いい? 私たちは「完全な直線」は決して書くことができない。「三角形」も同じよ。本当に定義通りの「完全な三角形」を作ることは、どんなコンピュータを使ってもできないわ。

ひろ そりゃそうです。完全な直線が書けないならば、完全な三角形だって描けないですよね。極限まで拡大すれば角だって丸いでしょうし。角が丸かったらそれは三角形じゃないもんね。

エリ でも、私たちはその完全ではない三角形を見ても「これは三角形だ」と理解できるわよね? 殴り書きの雑な三角形も、オニギリの形でさえも、「これは三角形だ」と認識できる。

ひろ たしかに。富士山やとんがりコーンもなんとなく三角だって思いますよね。

エリ さらに言うならば、それぞれの三角形が「完全な三角形とどれくらい離れた三角形なのか」も感覚的にわかるわよね? 犬もそう。いろんな個性のある犬を見て、私たちはその個性あるいろいろをすべて「犬である」と認識できる。しかも、それが「犬に近い犬」なのか、「犬から遠い犬」なのか、感覚的に判断ができる。

ひろ おお、言われてみれば。さっきのひょろ犬を見て僕が「犬離れした犬」だと感じたということは、僕は無意識にその犬がどれくらい完全なのか、もしくは不完全なのかを採点したっていうことですよね。

エリ そういうことよ。……じゃあ問題。どうしてそんなことができると思う?

ひろ そんなこと? 「個性あるいろいろな犬を見てもそれが犬だとわかり」、さらに「その犬がどれくらい完全な犬なのかがなんとなく判断できる」のはどうしてかっていうことですか?

エリ そうよ。犬だけでなく直線や三角形、あるいは四角形や熊やキリンを見ても、同じような認識が行えるはずよ。それはなぜ?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

哲学を学ぶと人生が楽しくなる。ふざけたタイトルですが生きるためのヒントが詰まっています。

この連載について

初回を読む
ゾンビの哲学」に救われた僕は、クソッタレな世界をもう一度、生きることにした。

さくら剛

さくら剛の超・哲学入門! 「とっつきにくくて、わかりにくい」、「でも、人生の役には立ちそう」。本書は、そんなやっかいな哲学を「冴えない青年“ひろ”が、古代ギリシア生まれの哲学者“ゾンビ先生”から学んでいく物語」です。哲学とは? この世...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません