ドSな美女の哲学講義。村上春樹の小説にも出てくる「イデア」とは?

もう1人の哲学ゾンビ、エリクシアとの授業が始まった。エリが黒いスキニーな犬を見ながら教えてくれたのは、村上春樹の小説にも出てくる言葉「イデア」についてだった。書籍『(推定3000歳の)ゾンビの哲学に救われた僕(底辺)は、クソッタレな世界をもう一度、生きることにした。』より特別連載。

 1週間後。エリとの最初の待ち合わせ場所は、渋谷、センター街入口。

 ネット通販で買った、サイズの合わないチェックのシャツを水色のジーンズに入れ込んだひろ。ファッション的に5メートルほど街から浮いているひろに対し、ニットチュニックにタイトなパンツとブーツを合わせたエリは紀元前生まれ(なおかつゾンビ)とは思えぬほど現代の渋谷にも馴染んでいる。

 少し離れて見ると、エリは外国人だとは思えないほど日本的な顔つきをしている。古代ギリシア人は、ある程度オリエンタルな雰囲気も持っていたようだ。しかし間近でじっと観察してみるとやはり西洋の血と歴史を感じさせる顔立ちで、そのわずかな違和感が余計に彼女の美貌を際立たせており、素性を知るひろはエリに対面するといろんな意味で身震いに襲われた。

「おお、おはようございますエリさん……えっエリ先生……」

「なにビクビクしてんのよあんたは!! まだ私を怖がってるのっ!?」

「ひい〜〜〜っ!! ここ、怖がってませんよ、怖いなんて滅相もないですむしろ尊敬しておりますっ、どうぞ怒りをお収めくださいぃ〜おおお怖いい〜〜怖いよ゙お」

「ふんっ。じゃあ行くよ。早くこの汚い街から出たいのよ私は」

「じゃあ渋谷集合なんてしなきゃよかったのに! ……あれ、でもたしかに、今日のセンター街はめちゃくちゃ汚いですね。ゴミだらけだ」

 ひろの言う通り、路地には空き缶や空き瓶やペットボトル、ハンバーガーの包装紙やコンビニのレジ袋やその他あらゆる紙クズ・ゴミが散乱していた。普段のセンター街とはひと味違った光景だ。

「そうだ、そういえば昨日はサッカーの日だ! うわあ、それでこのゴミかあ……ひどいなぁ……。エリ先生、昨日、日本代表がサウジアラビアに逆転勝ちしたんですよ。それでスクランブル交差点に若者が殺到して大騒ぎになったんです」

「知ってるわよ。私ここにいたから」

「え? エリ先生、昨日も渋谷にいたんですか?」

「そうよ。さすがにちょっと、食べすぎたわ。お腹がパンパン。十日は食事抜きでいいくらいね」

「なにがっっ!!! なんの話をしてますか先生は!!!」

「だから昨日の食事よ」

「も、もしかして……、食べたんですか? サッカーファンを?」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ゾンビの哲学」に救われた僕は、クソッタレな世界をもう一度、生きることにした。

さくら剛

さくら剛の超・哲学入門! 「とっつきにくくて、わかりにくい」、「でも、人生の役には立ちそう」。本書は、そんなやっかいな哲学を「冴えない青年“ひろ”が、古代ギリシア生まれの哲学者“ゾンビ先生”から学んでいく物語」です。哲学とは? この世...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません