信長、頭を下げて曰く

どうして、こんな奴らが天下を獲れたのか!? 日本史上稀にみる見事な〝退却戦”、金ケ崎の戦い(1570年)。信長(37)→部下全員置き去りで逃亡。秀吉(34)→殿軍(しんがり)に抜擢も思考停止。光秀(55)→経歴不詳。家康(29)→カンケイないのに絶対絶命 !迷走の果て、奇跡の決断ーー。2017年秋、27時間テレビ(フジテレビ系)でドラマ化! 「僕の金ヶ崎」(脚本:バカリズム/主演:大杉蓮)原案。

二 砂上

 同日四月十四日夕刻。

 室町殿竣工祝言能の興行をおえて散会となったとき、信長は誰も護衛をつけずに家康にあゆみより、

「三河守殿、しばらく軍勢とともに洛中にいてくれるか。三河衆の力が要る。たのむ」

 そう言って、頭をさげた。同席した徳川家中の重臣は感激の面持ちで陶然とした表情となり、あわてて答礼した。織田信長は家康より八歳年長なので当年三十七歳の男盛りである。

「おられる間の兵糧は、先年の上洛のときと同様、織田で持つので安気にめされよ。木下を供応役につける。三河守殿のお相手には格が足らぬとお思いだろうが、いまや木下は織田にとっては公事奉行としては村井貞勝にならぶ立場にある—なにより」

 信長は機嫌がよいのだろう、多弁につづけた。

「その出世ぶりは旭日のごとき勢いがある。徳川殿にこそふさわしいと思ってな」

 そういってほほ笑んだ。信長は、ふだんは声をかけづらいほど酷薄な目つきをしている反面、時折、本当に子供のように無防備な笑顔になる。

「こちらこそ、微力ながら精一杯させていただく所存に候」

「では、たのむ」

 信長は次の瞬間、背をむけた。

 信長の立居ふるまいに余韻のないところは昔からで、だからこそこの男がいろいろ誤解を受け続けてきたことを、家康は知っている。

「徳川様は、御屋形とは幼なじみだったとか」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
金ケ崎の四人 ー信長、秀吉、光秀、家康ー

鈴木輝一郎

戦うだけが、戦(いくさ)ではない。「逃げる」こともまた、戦なのだ。 日本史上稀にみる見事な〝退却戦”、金ケ崎の戦い(1570年)。 信長(37)部下全員置き去りで逃亡。 秀吉(34)殿軍(しんがり)に抜擢も思考停止。 ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 約3年前 replyretweetfavorite