疑心暗鬼

異動

おたこ体操が起爆剤となった「とことんサンデー」の爆発的な人気。くすぶり続けていた福岡吉本の若手は、いつの間にかアイドル的な存在にまでなっていた。凄まじいスピードで。

 後輩芸人のおたこぷーによる視聴者参加型コーナー「おたこ体操」が起爆剤となり、僕たちがメインの新番組「とことんサンデー」は開始直後から爆発的な人気を呼んだ。

 今よりも遙かにテレビが見られていた時代だったとはいえ、とこサンの視聴率は最初から信じられないぐらいに好調だった。
 天神中央公園でのイベントを境に、視聴率は平均で二桁を常にキープ、良い時だと13~4%は普通に取っていたから、日曜日の午前11時から始まるローカル番組としては上出来過ぎたと思う。


 そんな状況が毎週のように続いていたから、とこサンをキッカケに僕たちは「認知度」という、芸人にとって喉から手が出るほど欲しい武器を、いとも簡単に手に入れてしまった。

 年齢的なものもあっただろうし、見せるべき「芸」もなかったのだろう。
 そして何より、僕ら以外に選択肢がなかった「あの頃の福岡」という、圧倒的な時代のアドバンテージに尽きると思う。

 いつの間にか僕たちは「アイドル的な人気を誇る、福岡の吉本若手芸人」という肩書きをつけられ、凄まじいスピードで福岡県内という限られた世間に浸透していった。


 福岡吉本が主催する自主イベントのチケットは即完が当たり前。
 ショッピングセンターなどの営業に呼ばれると、そこは常に黒山の人だかりで、黄色い歓声に包まれた会場の警備が追いつかないと、時に主催者側が大慌てするほどだった。
 さすがに街を歩けないことはなかったが、しかしそれでも、5人とすれ違えば3人は振り返るような状態だったから、僕たち福岡芸人の人気ぶりは、当時の福岡県内のみの話だが、少しだけ大げさに「社会現象」とまで呼ばれていた。

 ほんの少し前までは、入るのも憂鬱だった事務所の稽古場。
 しかし今は同じ場所に、各個人の名前が書かれた段ボールがうず高く積まれている。
 その中身は、僕ら宛に届けられたファンレターやプレゼントの数々だった。
 そんな好意の山を眺めていると、あながち「アイドル的な人気を誇る」という謳い文句に間違いはないのだろう。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
疑心暗鬼

博多大吉

「どうして芸人になろうと思ったんですか?」一番多く投げかけられたこの質問に、いつも心の中で聞き返す。「どうしてみんな、芸人になろうと思わなかったんですか?」ーー時はバブルまっただ中。福岡の片隅で、時代の高揚感に背中を押された少年が抱い...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hd_zero_ichica https://t.co/q9oRxvsLk2 2年以上前 replyretweetfavorite

susie113 タイトルがタイトルだから仕方ない気もするけど、もう少し幸せな時期を書いてくれてもいいような気もします⇒  2年以上前 replyretweetfavorite