ファミコンが欲しすぎて、気が狂った少年の話

当時は家庭用ゲーム機戦国時代。「MSX」を買ってもらうも、まわりがどんどん「ファミリーコンピューター」にハマっていき面白くない北村少年。しかし、『スーパーマリオブラザーズ』の発売をきっかけに、彼もファミコンへの思いを募らせるようになり……。

この続きは有料会員の方のみ
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

この連載について

初回を読む
80年代を思い出すと懐かしくて死にたくなる

北村ヂン

ビックリマンシール、キン消し、ファミコン、負けハード……現在アラフォーのおじさんが、涙を流して懐かしがる80年代のホビーたち。このマンガは、そんな懐かしホビーに出会うと記憶のフタがパカっと開き、思い出にひたってしまうノスタル爺・北村ジ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

utm3594 子供の頃の思い出もあって、読んでて面白かったのに… 続きは有料か・・・ https://t.co/IWTJXoV84K https://t.co/wiJV3QhNnt 3ヶ月前 replyretweetfavorite

mol_kichi わかりすぎて辛い https://t.co/1l6gjrw9Jc 5年弱前 replyretweetfavorite

fujimula ものすごく共感する!流れる風景で妄想マリオをやるとか……! 本にさせて頂きたいけど、もう決まっているだろうな…… 5年弱前 replyretweetfavorite

yutorinX  今回のも面白い話だった 5年弱前 replyretweetfavorite