道徳の時間

與那覇潤 vol.1 原発デモと百姓一揆はなにが同じなんですか?

岡田斗司夫さんが気鋭の論者たちと語り合う人気連載「道徳の時間」。6人目のゲストは、日本史研究者の與那覇潤さん。2人の話は東日本大震災に始まり、どこへ着地するのでしょうか? 原発デモと江戸時代の百姓一揆の意外な共通点や、阪神ファンに見る日本人の国民性など、気になる話題が盛りだくさんの第1回です。

この2年を振り返って

岡田斗司夫(以下、岡田) こんにちは、岡田斗司夫です。「道徳の時間」、6人目のゲストは日本史研究者の與那覇潤さんです。よろしくお願いします。

與那覇潤(以下、與那覇) よろしくお願いします。

岡田 與那覇さんは愛知の大学で教えられているところ、今回なんとかスケジュールを調整して東京に来ていただけることになりました。ありがとうございます。

與那覇 いえいえ、岡田さんとお話しできるのを楽しみにしてきました!

岡田 與那覇さんが書かれたアゴラのコラム「法治国家をあきらめる? ポスト3.11と中国に似てゆく日本」、めちゃくちゃ面白かったです。3.11以降の日本の政治の混乱について、他の方とは違った視点から斬り込んでいて。今日はぜひいろいろお聞きできればと思っています。

與那覇 ありがとうございます。ちょうど今日は、3月11日なんですよね。東日本大震災からまる2年経ったことになります。

岡田 この2年間を振り返ってみて、與那覇さんはどう感じられていますか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
道徳の時間

岡田斗司夫

評価経済など新しい資本主義が加速しはじめた21世紀。 そんな新時代の「道徳」とは、一体どんなものでしょうか。 未来社会をサバイブする岡田斗司夫が、 ゲストとともに様々な事例を引用しながら、 現代の「道徳」について考えていきます。 (月...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Singulith 「百姓一揆って、身分制自体を廃止しろとか、武士や商人より貧しいから地位を変えろという話ではないですよね。むしろ増税や凶作のようなイレギュラーな事態で庶民の生活が悪化したときに、〜現状を「維持」できるようにしてくれという話。」 https://t.co/3RwhO0gR9R 4年弱前 replyretweetfavorite

larcfortdunord 「いつも欲求不満のボルテージは高いんだけど、それがシステムを根本から変革しようというエネルギーにはつながらない」ガチでそれや。 4年以上前 replyretweetfavorite

jyonaha 会員の方、どうぞです。 原発デモと百姓一揆はなにが同じなんですか? https://t.co/iavRyzDS75 4年以上前 replyretweetfavorite

umezawa_t 最近の選挙結果が、どうしてこうも一方的になるのか。そこについての面白い考察。結局、日本の選挙が政権選択ではなく、「懲らしめ」としてしか機能していない。#fb // 原発デモと百姓一揆はなにが同じなんですか? cakes(ケイクス) https://t.co/bD0cdN1kJl 4年以上前 replyretweetfavorite