晩酌歳時記

第十一回・小女子

今年もらった誕生日プレゼントは燻製卵、塩、塩クッキー、日本酒、茶葉……そんな佐藤和歌子がお届けするショートコラムです。誕生日はとうに過ぎましたが最近コウナゴの佃煮を貰い、また一つ好物が増えました。

小公女・しょうこうじょ—アメリカの作家、F.H.バーネットによる児童文学”A Little Priness”の邦題。女学校の寄宿舎で人気者だった少女セーラが、資産家の父親が急逝したのをきっかけに使用人に転落、飢えやいじめに耐えるというストーリー。国内では1980年代にフジテレビ系列で放送されたアニメが有名。

小女子 ・こうなご—イカナゴの稚魚。十二月から五月にかけて産卵、孵化して、夏期は砂の中で夏眠する。体長数センチの稚魚は小女子の他「カナギ」「新子」「こな」などの別名がある。特に瀬戸内海沿岸では春を告げる風物詩として親しまれ、佃煮は形や色が古釘に似ていることから「くぎ煮」と呼ばれている。体長二十センチ近くまで成長したものは、刺身や干物などにして食用される他、他の魚類の餌としても利用されるという。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
晩酌歳時記

佐藤和歌子

季語と晩酌をテーマにしたショートコラム。月四回更新(毎週木曜、第五はお休み)。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード