国鉄 vs JR

第8回】[鉄道員のDNA No.1] 日本と海外の懸け橋に 街づくりに挑む鉄道マン

大小原敦史(JR東日本総合企画本部品川・大規模開発部 課長 品川事業計画グループリーダー)

 品川の再開発は、JR東日本が初めて手掛ける大規模な街づくりだ。当然のことながらノウハウはなく、未知の領域に戸惑うことも多い。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
国鉄 vs JR

週刊ダイヤモンド

1987年、負債37兆円を抱えて日本国有鉄道は崩壊した。代わって誕生したJR7社は自律的な経営へ転じ、利益追求主義へとかじを切った。それから30年。7社の明暗はくっきりと分かれ、負け組企業には存続の危機が迫る。分割民営化の「ひずみ」が...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません