国鉄 vs JR

第1回】毛細血管も動脈もストップ 「留萌本線」連鎖廃線の恐怖

国鉄の分割民営化は光と影をもたらした。人口の多い都市部ではサービスが改善したが、地方では赤字路線の廃線や縮小が相次いでいる。民営化30年でいよいよ顕在化した「影」に迫った。

 2016年12月、JR北海道の留萌本線の一部が、惜しまれつつ廃線になった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

国鉄 vs JR

週刊ダイヤモンド

1987年、負債37兆円を抱えて日本国有鉄道は崩壊した。代わって誕生したJR7社は自律的な経営へ転じ、利益追求主義へとかじを切った。それから30年。7社の明暗はくっきりと分かれ、負け組企業には存続の危機が迫る。分割民営化の「ひずみ」が...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Akiko0709 このシリーズ、興味深く読んでる。北海道も四国も一部の主要都市以外のJRは使い勝手がよくない上に、雪や大雨の対策も大変だものねぇ。 2年弱前 replyretweetfavorite