あの人と深いところへ

古市コータローと亀本寛貴の、いつもよりちょっと深いところ。(前編)

かつてエリック・クラプトンは、「ギターを弾くときはいつだって、初めて弾いた時の気持ちを忘れてはいけない」と言ったという。「THE COLLECTORS」の古市コータローと「GLIM SPANKY亀本寛貴は、そんな初期衝動そのままに「ギタリスト」でありつづける二人だ。年齢は倍、キャリアは3倍違う二人でも、その情熱に差異は存在しない。時代を跨いでロックの波をおよぐ、ギタリストたちの初邂逅。

(まずは今回のハイライトをスペシャルムービーでどうぞ。)

—お二人は今日が初対面だったんですね。

亀本寛貴(以下亀本) はい。もうほんとに、初めてです。

古市コータロー(以下古市) そうですね。でも、うちの息子がグリムスパンキーの大ファンで。今日も「サインもらってきて!」って言われました(笑)。

亀本 古市さんの息子さん、中学三年なんですね。僕のお母さんが古市さんと同世代だと思うんですよ。だからもっと大きいお子さんがいるのかと勝手に思っていました。

古市 亀本くん、’90年生まれくらいでしょ?

亀本 ちょうど’90年です。

古市 その時にはもう俺たちデビューしてるんだもんね、’87年デビューだからさ。亀本くんたちには俺が内田裕也さんみたいに見えてるのかな(笑)。

亀本  いやいや(笑)。テレビ番組か何かの動画だったと思うんですけど、古市さんがリッケンバッカーに(アンプは)AC30を使ってて。もう音楽性がビジュアルからして滲み出ていて。持ってる楽器に出で立ち、出してる音すべてが1つになってるなあと思った記憶があります。

(古市コータローさん@furuichikotaro が愛してやまないリッケンバッカーの魅力について語ったインタビューを始め、リッケンまみれの5月号は好評発売中! 写真は愛用の330FGを手にしたコータローさん! 2015年4月20日)

古市 当時は浮いてたよ。あの頃は音楽やってる人たちも渋谷系が全盛だったからね。爽やかでお父さんに紹介しやすそうな感じの人たちばっかりだった(笑)。

亀本 (笑)。

古市 俺、個人的にグリムスパンキーがおもしろいなと思うのが、ルーツがわからないこと。俺と同世代とか上の人たちの音楽は聴くとだいたいわかるんですよ、何を聴いてきたのかが。どんなパンクな格好してても、曲を聴いたら“あ、メタル上がりか”とかね。でもグリムスパンキーはそういうのが一切わからないんだよね。そこが良かった。

亀本 ありがとうございます。でも、最初からああいう音だったわけではなくて。僕、高校二年生からギターを始めたんですけど、それがGLAYとかを聴いて、格好いいな!ってところから始まっていて。僕自身はロックのロの字も知らなかったんですよ。とりあえずギターやってみようっていうぐらいで。ボーカルのレミさんは親がすごく音楽を好きだったから、家に音源がいっぱいあって。それで色々と貸してもらって聴くんですよね。ビートルズツェッペリンだって。でも何がいいんだか全然わかんねぇやって思って。それでツタヤに行ってオアシスとかニルヴァーナを借りて聴いてもやっぱりよくわかんなくて。最初はそんな感じでした。

古市 そうなんだ。

亀本 でもギターマガジンとかを読んでると、そういうアーティストがたくさん出てくるじゃないですか? それで何回も繰り返して聴いてるうちに、あれ?なんかこれ格好いいかもって。それが18,9歳くらいで、そんなことを繰り返してるうちにだんだん当たり前になっちゃって。

古市 よくインタビューでルーツは? とかって訊かれない? そういう時なんて答えるの?

亀本 演奏のスタイル的にはその頃に聴いてたジミヘン(ジミ・ヘンドリックス)とかジミー・ペイジとか、エリック・クラプトンとかの名前を挙げてるんですけど、始めたきっかけは?と訊かれたら「GLAYです」って答えてます。僕らがバンドを始めた時って、ギタリストが高いポジションにギターを構えてピロピロやってるのなんてほとんどいなかったから、ジミヘンとかジミー・ペイジを見て、これぐらいハイポジションにギターを構えて弾いてる方が逆におもしろいんじゃない?と思って。

古市 おもしろいね。僕らの世代の三大ギタリストっていうとクラプトンとかジミー・ペイジとかだけど、今は普通だとジョン・フルシアンテとかでしょ?

亀本 もちろんその辺も好きで聴くんですけど、今の音楽でも昔の匂いがちゃんとするものが好きだったりしますね。

古市 俺もグリムスパンキーはそんなにオールドロックなサウンドには聴こえてこなかったね。スタイル的にはクラシカルなものなんだろうけど、出てくるフレーズとかはそうじゃない。それがおもしろいんですよね。

—古市さんがグリムスパンキーを知られたのはいつ頃ですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
あの人と深いところへ

ミーティア編集部

あの人とこの人? アーティストやミュージシャンの意外なつながり、この街でこんなことが? 街にひそむ楽しいはなしなど。「いつもよりちょっと」深く掘ってみます。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません