なぜ浅井長政は信長を裏切った?

どうして、こんな奴らが天下を獲れたのか!? 日本史上稀にみる見事な〝退却戦”、金ケ崎の戦い(1570年)。信長(37)→部下全員置き去りで逃亡。秀吉(34)→殿軍(しんがり)に抜擢も思考停止。光秀(55)→経歴不詳。家康(29)→カンケイないのに絶対絶命 !迷走の果て、奇跡の決断ーー。2017年秋、27時間テレビ(フジテレビ系)でドラマ化! 「僕の金ヶ崎」(脚本:バカリズム/主演:大杉蓮)原案。


「信長殿、なにゆえ—」

 信長から絶大な信頼を受けていたはずの浅井長政が、織田ではなく朝倉についたのか。家康が最初のひとことを告げるだけで、信長はすべてわかった様子で、憎悪にちかい表情で明智光秀をみた。

「これだ」

 明智光秀は織田の重臣として、わずかな間に柴田勝家や丹羽長秀につぐほどのゆるがぬ地位を築いていた。その一方で、十五代将軍足利義昭の直参の重臣でもある。光秀の今回の出陣は足利義昭の名代としての役割もあった。

 しかし。

 十五代将軍足利義昭の陰謀好きはなおらない。再三の信長の諫止も聞き入れず、義昭は諸国に密書を送っては信長から叱責され、それが不満でさらに諸国に密書を送り、といったことを繰り返していた。

 明智光秀は、織田方からの足利義昭への監視役でもある。

 それが、唇をかんでいるということは。

 —足利義昭が明智光秀の目を盗んで、浅井長政を煽動したのだ。

「されど、なぜ、ここにいたるまで—」

 浅井長政は、徳川家康とならび織田信長の盟友中の盟友である。もちろん家康とは地勢的に距離がありすぎて、直接の行き来はほとんどない。けれども、信長は浅井長政とは緊密に連絡をとりあっていたのではないのか。

 ましてや、こんなぎりぎりの場まで誘い込まれるまで、浅井長政の離反が信長に伝わらないわけがないではないか。

 家康が、さいしょのひとことだけであとは目でうったえた。信長は、こんどは木下秀吉の側をみた。

「これだ」

 木下藤吉郎秀吉は、武功はまだほとんど目立つところがない。信長の雑人からはじまった、そのすさまじい出世ぶりは評判にはなっており、重役の末席のその次の奉行あつかいである。

 武将としてはけっして評価は高くはないが、調略の名人ぶりは織田にならぶ者がない。信長による伊勢の接収や上洛時の畿内諸将の説得などなど武略以外はどんなことでもやってのけた。

 現在は、信長直属の奉行として諸国諸将の動静の掌握を担当しているはずである。木下秀吉が浅井長政の意向をくんだからこそ織田の全軍が越前金ケ崎まで出張したのだ。

 その秀吉が、顔面を蒼白にしてひざまずいているということは。

 —木下藤吉郎秀吉が、浅井長政の偽計にひっかかったのだ。


この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

重版出来!有名な戦での人気武将4人の悪戦苦闘を描く「4人シリーズ」第1弾。

この連載について

初回を読む
金ケ崎の四人 ー信長、秀吉、光秀、家康ー

鈴木輝一郎

戦うだけが、戦(いくさ)ではない。「逃げる」こともまた、戦なのだ。 日本史上稀にみる見事な〝退却戦”、金ケ崎の戦い(1570年)。 信長(37)部下全員置き去りで逃亡。 秀吉(34)殿軍(しんがり)に抜擢も思考停止。 ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

marekingu #スマートニュース 約1年前 replyretweetfavorite

kiichiros 歴史小説初心者、大歓迎! 戦国武将たちの悪戦苦闘をユーモラスに描く歴史喜劇。 約1年前 replyretweetfavorite