​飲食店がドリンクで成り立っていること

今回の「ワイングラスのむこう側」は、自身もbarbossaを経営する林伸次さんが考える、飲食店についてのお話。最近、飲食店でドリンクを頼まずにお水を注文する人が増えているんだとか。それによって飲食店の経営者は悲鳴を上げているそうです。なぜ客がドリンクを頼まないと困るのか、そしてそれをどう解決するのか考えます。

「水でいいです」に悲鳴を上げる飲食店

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

最近、飲食店でお客様がドリンクを注文しないで「水でいいです」ということに対して、飲食店経営者たちが悲鳴を上げているのはご存じでしょうか。

この問題、実は日本の飲食業界の構造の問題があるんです。みなさん、夜に飲食店で食事をしようとしたときにお酒を飲ませる店ばかりなことを不思議に感じたことはありませんか? お酒を体質的に受け付けない人や、お酒の場の雰囲気が嫌いな人は、しょっちゅう感じているかもしれないですね。

どうして日本の飲食店の夜の営業が「お酒が基本」になっているかと言いますと、その飲食店の多くが利益率の高いお酒で経営が成立するからなんです。例えば、今から居酒屋や焼鳥屋さんのお客様が全員、いっさいお酒を注文するのをやめたとしますよね。ほとんどのお店が潰れてしまいます。だから飲食店側は「何かドリンクを頼んでほしい」と訴えるわけです。

さて、どうして最近になってこの「水でいいです問題」が浮上してきたのでしょうか。もちろん、時代による変化や景気の問題などがあると思うのですが、僕が考えるのは「年長者が若い人に飲食店の使い方を教えなくなったから」、これだと思います。

昔は居酒屋にいって、「僕は水でいいです」って若い人が答えたら、年長者が「おまえそんな野暮なこと言うなよ。こういうお店ではビールとかレモンサワーとか、飲めなかったらウーロン茶とかを頼んで、料理に合わせるものなんだよ」って感じで言ってたと思うんです。それが今はもうないだけなんだと思います。

だから僕ら年長者が、「若い人をお寿司屋さんに連れて行って、おごって、そして食べ方を教える」とか「バーに若い人を連れて行って、バーのマスターに『彼らうちの会社の若手だから、マスター、彼らがまた来たらよろしくね』って紹介する」というのをしなくなってしまったということだと思うんです。でも、やっぱりそういう時代ではないですよね。こういう時代の流れってしかたないなあ、と長年この仕事をやってきて僕はいつも思います。常識って変わっていくものなんです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

motorkey bossaの林さんの記事のシェア、数日経つけど今だに良いね!が付く。みんな興味ある問題なんですね。https://t.co/SuIffU5kII 9日前 replyretweetfavorite

HTDandmore 飲食店がドリンクで成り立っていること https://t.co/XReaj0J6w3 10日前 replyretweetfavorite

nishiaratter うちのお店にも言える話ですね→ 10日前 replyretweetfavorite

yukko_note ノンアル、もしくはソフトドリンクでも料理に合う飲みものをもっと考えてほしい。ウーロン茶、コーラ、ジンジャエールだけじゃなく工夫して。​ 飲食店がドリンクで成り立っていること|林伸次 @bar_bossa | 10日前 replyretweetfavorite