不安は「書き出す」ことで解消する

「時間が無いから」「仕事が忙しいから」「独りが楽だから」ーーでも本当は恋をしたい! そんなキャリア女子たちに読んで欲しい。そしてその心理を男性にも知ってもらいたい。「恋愛とメンタリズム」をテーマに、今もっとも人の心に精通している、メンタリストDaiGoさんが贈る『ゼロから幸せをつかむ オトナの恋愛処方箋』の内容を、長期特別連載いたします。

不安は「書き出す」ことで解消する

 初デートの前に不安な気持ちを消したい、緊張をほぐしたい、というときには、ぜひデートの直前、自分の気持ちをメモに書いてみてください。ほんの数分でできます。「不安でしょうがない。相手に嫌われたらどうしよう。相手より年上なのを嫌がられないだろうか。あと数キロ、やせておけばよかった。話が合うだろうか」どんな不安でもいいので、単に「書き出す」だけでいい。書き出すことで、脳の前頭葉を活性化し、「ネガティブな感情」をコントロールできるようになるのです。これは心理療法のひとつである「認知行動療法」の簡易版で、デートの前だけではなく、大事な試験の前、面接の前、プレゼンの前など、どんな場合でも効きます。

 つまり、「本番」(デートや試験)では脳のなかのワーキングメモリを利用するのですが、不安が多いとそのワーキングメモリがいっぱいになってしまって、肝心なことが思い出せなかったり、実行できなかったりします。しかし、不安を紙に書き出してしまう、という行為により、このメモリが解放され不安な気持ち自体が薄れて、本来の計画が実行できる、覚えたことをちゃんと思い出せる、など本来のパフォーマンスが発揮できるのです。

 これはデートの前だけではなく、デートの最中、でも使えます。「今夜こそ告白しよう」というとき、直前で不安が押し寄せたら、5〜10分間、不安をメモに書き出してください。驚くほど気持ちが落ち着くので、ぜひお試しを。

 これは特定の日に対する不安だけではなく、日常的に気になっていること、漠然とした不安を抱えていて気分が下がりっぱなしのときなども、ぜひやってみましょう。
 自分が感じている不安を、どんどん短い言葉で書き出していくだけです。

 すると、「仕事のこと」が不安だったはずが、よく自分のメモを見てみると、親とギクシャクしていることがイライラの一因だったり、エアコンが壊れそうで気になっていたり、最近3キロ太ったことを気にしていたり、最近親しい女友達が結婚したことで焦っていたり、といろいろな要素が含まれているのがわかることがあります。すると、「なんだ、こういうことでイライラしていたのか」という理由がわかり、解決できそうなものは解決し、(エアコンを買い換えるとか、ダイエットを始めるとか)、どうにもならないものは「あまり気にしないようにしよう」と考えることができるようになります。

雑談のポイントは「共通点を探すこと」
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

続き・全文を見たい方はこちら!恋をしたい全てのキャリア女子に贈る、メンタリストDaiGo渾身の1冊!

この連載について

初回を読む
ゼロから幸せをつかむ オトナの恋愛処方箋

DaiGo

恋を忘れかけていませんか? 「時間が無いから」「仕事が忙しいから」「独りが楽だから」ーーでも本当は恋をしたい! そんなキャリア女子たちに読んで欲しい。そしてその心理を男性にも知ってもらいたい。「恋愛とメンタリズム」をテーマに、今もっと...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tatsumi_kikaku 公開しました!|[今なら無料!]恋をしたい全てのキャリア女子に贈る、メンタリストDaiGo渾身の1冊! 1年以上前 replyretweetfavorite