密かな流行。ぬか漬けに、オリーブオイルとチーズと黒胡椒。

酒のアテにぬか漬け。嫌いな人はあまりいないでしょう。そうです、ぬか漬けは最強の肴。そして、オリーブオイルやチーズと合わせると、あら不思議。ワインにもビールにも、ぴったり合ってしまうのです。色とりどりの野菜は見た目もきれい。ホームパーティのときには、手間いらずのこんなオードブルはいかがでしょうか。そして、驚きの食のアイデアがつまった新刊「もうレシピ本はいらない 人生を救う最強の食卓」ついに本日発売!

この連載のベースになっている新刊が本日発売です!


もうレシピ本はいらない 人生を救う最強の食卓(マガジンハウス)


ぬか漬けがパーティーメニューに!?

 みなさまこんにちは。雨がぱらつく涼しい秋空の下、まさかの家の中で無理やり梅干しを干しているイナガキです……。

 さて今回も先週に続き「ぬか漬け」のお話。

 私は居酒屋へ行くと、メニューにぬか漬けがあれば必ず注文してしまいます。すると、一緒に行った人はたいがい「いいねー」と大賛同。つまりはいくら日本人の食生活が多様化したといっても、ぬか漬けが嫌いという人にはほとんど会ったことがありません。結構クセがあるのにね! さすがの伝統食。我らがソウルフードと言っても良い存在なのではないでしょうか。

 ですが、ぬか漬けと聞いてみなさんが思い浮かべるのは、ご飯のおともに、あるいはヘルシーな酒のつまみとして、シンプルにぽりぽりと食べる……という感じなのではないかと思います。
 確かに美味しいし、絶対に飽きないけれど、まあワンパターンというイメージ。

 ワンパターンを愛する私としては、それはそれで全くいいと思うんです。ですが、いやしかし……それだけで終わってしまうのは実にもったいない!
 というのも私、ある大発見をしてしまったのです。
 冷蔵庫を手放した影響で、余った食材を保存するため否応なくぬか床を常備する暮らしを始めることとなり、そうなってみると、ぬか漬けがいつの間にやら「食材のひとつ」になっておりまして、これが実に具合が良いのです。

 どういうことかと言いますと、例えばチャーハンの具にニンジンを入れたいなと思った時、その肝心のニンジンがぬか床の中に保存されていたりするわけです。で、仕方なく「ぬか漬けニンジン」を具にするはめに。そうしたら……あら? こりゃウマいじゃないの! 具にしっかり味が付いていると、全体の味付けはテキトーでもしっかりと味が決まりやすい! しかもぬか漬けって結構複雑な味なので、ただの塩味じゃない独特の旨味ウマ加わることになり、複雑な調味料など一切使わずとも、なんともオツな味に仕上がるのです。

 こういうわけで、ぬか漬けはそのまま食べるだけじゃなくて、食材のひとつと考えることを強くお勧めいたします! そうなれば日々の食卓にいろんな形でぬか漬けが登場することになって、腸内細菌を整えるから健康にも美容にもいいし、何よりも毎日食べれば自然にぬか床が混ざるので「ぬか床を腐らせることなくキープしなきゃいけない」というプレッシャーからも自然に解放される!

サラダにぬか漬けをプラス

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

作りおき不要! 準備10分! 誰でも作れるワンパターンごはん、 でも、これがウマいんだ!

この連載について

初回を読む
アフロえみ子の「自由メシ!」

稲垣えみ子

アフロで無職で独身の、稲垣えみ子53歳。朝日新聞退社後、激変したのは食生活。メシ、汁、漬物を基本に作る毎日のごはんは、超低予算ながら、本人はいたって満足。冷蔵庫なし、ガスコンロは一口、それでもできる献立とは!? レシピ本不要、作り置き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

taki_tsubo 今回もおいしい(多分)&お手軽の極み。本出たんですね、買います! 約3年前 replyretweetfavorite