ついに公開、天津としての収入!

自分にとっては特別でもなんでもないことでも、好きなものを好きだと口にすることで、いろいろなことが繫がり、自分ひとりでは決してたどり着けない場所まで来ることができた、と語る天津・向清太朗さん。4コマ漫画のイベントを開催し、テレビ出演も果たします。そんな向さんは「マニュアル人間」になることを勧めます。ん? それって、どういうことなんででしょうか?


天津・向は年収800万円を超えた


 様々な縁を大事にしていった結果、気付くと僕は年収800万円を超えていました。

 それだけではありません。4コマトークをやっていたおかげで『この4コマがオモロイ!』という4コマ批評本を出せて、しかも僕が原作の、女子高生の漫才コンビが活躍する4コマ漫画の単行本『てんしんらん慢!』も出すことが出来ました。

 アニワラの方は、こちらも熱量がお客さんにも演者にも伝わったのかキャパもどんどん大きくなり、2017年の6月には2500人規模のところでやらせてもらいました。

 若井おさむが立ち上げた『劇団アニメ座』は個々のメンバーがどんどん忙しくなり、全員の知名度とともに『劇団アニメ座』も、どんどん認知されてきています。

 僕自身もそうです。レッドカーペットの時と比べると落ち着いた感じはするのですが、今のレギュラーもインターネット放送3本、動画付きラジオ1本、CSで1本、BSで準レギュラー1本、コラム2本で計8本もやらせてもらっています(2017年7月現在)。

 それに忘れちゃいけない漫才もルミネ、幕張、大宮、沼津などの吉本の劇場でちゃんと月15回以上やらせてもらっています。


 ここまで読んでくださった皆さんに、もう一度聞いてみます。


『僕って年収800万円いってそうですか?』



 思えば出会う人、出会う人に救われてきた芸人人生でした。木村くんへの嫉妬、憎悪だけで全ての行動を取っていた、ただのクソ野郎だったのをいろんな形で導かれ、ここに書いた物語を経て僕は今ここにいます。



 以上が、天津としてのお話しです。

 この後は、いわば本職以外の収入について明らかにしていきたいと思います。



天津としての仕事  +400万円

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ただのオタクで売れてない芸人で借金300万円あった僕が、年収800万円になった件

向清太朗

かつて一世を風靡した「あると思います!」のエロ詩吟でおなじみ、天津・木村“じゃない方芸人“の天津・向清太朗。世間では【売れてない芸人】と思われている彼の年収は、800万円です。テレビで見ることは、ほとんどない。昔、大ウケしたネタがある...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hamakihito 何より実践的な気がする。 “自分がどういう人間か説明書を持ってないとあかん” 2年弱前 replyretweetfavorite

jikuasi https://t.co/fYQDw644rZ 2年弱前 replyretweetfavorite

yuruizumu_jun https://t.co/08NJ8NIEcC 2年弱前 replyretweetfavorite

_______tomo 面倒くさいの先に隠されている文章はなんだ。それは『(やらなきゃいけないのに)面倒くさい』ということだと気付きました。やらないでいいことに面倒くさいという感情は生まれません。 2年弱前 replyretweetfavorite