わがまま娘を黙らせた母の酷い一言

百鳥ユウカさんは地元に戻ってきて以来、気が重い。実家に戻ると、母親が出迎えてくれた。頭ごなしにユウカを否定してくる母親に対してムカつくけれど、ユウカさんは反論ができない。


「ユウカ、あなたどうしたの? 池崎くんと喧嘩でもしたの?」

「別にそんなんじゃないけど……ちょっと池崎には考え直してもらいたいところがあって」

それを聞くと、やれやれという表情をして母はユウカにこう告げた。

「あなたの方がバカなのに?(笑)」

「ちょっと、そういうことじゃないでしょう! 確かに私の方がバカなのかもしれないけど、実の娘をバカ呼ばわりするって、どういう了見よ!?」

はぁとお茶をゆっくりのんで一息つくと母はユウカに一瞥をくれ、深くかぶりを振った。

「ユウカも、私の身になってごらんなさいよ。毎度、キラキラした目で男の子を紹介してくれるけど、つまらないことで喧嘩してダメにして……。お母さんだって、毎度新しい男の子にどんな顔して会えばいいかわからないじゃない」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
結婚できない2.0〜百鳥ユウカの婚活日記〜

菅沙絵

友人たちが彼女につけたあだ名は「レジェンド・ユウカ」。結婚市場に残された最後の掘り出し物という意味だと説明されたが、たぶん揶揄する意味もある。妥協を知らない彼女が最後にどんな男と結婚をするのか、既婚の友人たちは全員興味深げにユウカさん...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません