この世界で最もなくなると困る「言葉」とは何か?

突然ですが、あなたはミッ○ーマウスをどのようにミッ○ーマウスだと認識していますか? あなたは「ハツカネズミ」と「ハツカネズミではないネズミ」を見分けることはできますか? 今回は、この世界で最もなくなると困る「言葉」とは何かについて、哲学します。書籍『(推定3000歳の)ゾンビの哲学に救われた僕(底辺)は、クソッタレな世界をもう一度、生きることにした。』より特別連載。

—ゾンビ先生の哲学授業 第7回 「ソシュールと言葉による物の区別」—

先生 おお、もうキャラクターグリーティングが始まっておるな!? ……なんじゃこれは、豚がすごい数じゃな! ひろは並ばんでよいのか? 写真撮ってやるぞ?

ひろ いや、いいよ。どうせ僕一人でミュッキーと撮ってもSNSには投稿できないしね。

先生 どうして? なんでも載せたらいいじゃないか。

ひろ わかってないなあゾンビ先生も。男一人でデズニーにいる写真なんて投稿しても、全然充実アピールにならないでしょう? こういうのは女子入りじゃないと意味ないんだよ。一番いいのは、カップルでミュッキーを挟んで写真を撮って、なおかつ彼女の顔をハートマークとか花のアイコンで隠した投稿さ。顔を隠すことによって、その画像を見た有象無象どもが「こいつの彼女どんな顔なんだろう!?」と想像を膨らまし、デズニーデートという状況も相まって、えも言われぬリア充感を演出できるのさ。あ、顔は隠すけど、髪の毛はうまい具合に見えないとダメだからね。

先生 ひろはその分析力をもっと人生に役立つような局面で発揮できないのかのう。

ひろ うるさいな!! なにが人生の役に立ったと感じるかは相対的なことでしょ!! 僕にとってはSNSも人生のうちですから! 余計なお世話ですよあなた!

先生 はいはい。わしはミュッキーマウスしかわからんのじゃけど、ひろは他の動物の名前も知っておるのか?

ひろ 知っておるよ。ミュッキーにミュニーでしょう、それからあそこにいるのがドゥナルドとデイズィー、あっちはグゥーフィにプゥルートにおしょれキャットのマリーちゃん、そんで他のは千匹の子豚ね。まあこの広場ほとんど子豚で埋め尽くされてるけど……

先生 ほおお、詳しいのう! たいしたもんじゃ。

ひろ ちゃんと予習してきたんですよーだ。どこかで披露するチャンスがあるかもと思って。でもゾン次郎のせいでそれどころじゃなくなっちゃったけどね! ……そういえばゾン次郎はどこ行ったの? 死んだ?

先生 うちの社の送迎係が送っていったよ。さすがに一人で電車で帰らせるわけにはいかんからな。

ひろ あのー、いつも不思議なんですけどね、どうして僕だけゾンビ先生やゾン次郎のことを認知できているんですか? 僕だっていつもイドラの呼気の中にいるはずなのに。

先生 それはな、ひろが北尋坊でわしと会ってしまったからじゃよ。ひろの命を間一髪で救った時、わしはイドラの呼気を出しておらんかった。だからひろはゾンビの存在を知ってしまった。そしてイドラの呼気は、「ゾンビの存在を知らない者」にしか効かんのじゃよ。

ひろ ゾンビの存在を知らない者にしか……? つまり、僕は最初に北尋坊でゾンビ先生をゾンビとして認識してしまったから、もう呼気では欺かれないっていうこと?

先生 その通り。すでにゾンビの存在を知っている人間には、わしだけでなく他の哲学ゾンビが出すイドラの呼気も効果を発揮せん。とはいえ、知っている者はもう知っているのだから別に欺く必要もないんじゃがな。

ひろ じゃあ、どうして北尋坊ではイドラの呼気を出していなかったんですか? 出せばよかったじゃないですか。

先生 ふぉっふぉっふぉ。まあそれはいいじゃろうが。

ひろ え—。

先生 それより、ひろも偉いのう。ちゃんとミュッキーやドゥナルドの名前を覚えて、名前を当てはめることによってミュッキーやドゥナルドを存在させてやっているのじゃからな。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

哲学を学ぶと人生が楽しくなる。ふざけたタイトルですが生きるためのヒントが詰まっています。

この連載について

初回を読む
ゾンビの哲学」に救われた僕は、クソッタレな世界をもう一度、生きることにした。

さくら剛

さくら剛の超・哲学入門! 「とっつきにくくて、わかりにくい」、「でも、人生の役には立ちそう」。本書は、そんなやっかいな哲学を「冴えない青年“ひろ”が、古代ギリシア生まれの哲学者“ゾンビ先生”から学んでいく物語」です。哲学とは? この世...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません