池澤夏樹を読むだけで、息がラクにできるようになる理由

京大院生の書店スタッフが「正直、これ読んだら人生狂っちゃうよね」と思う名著を選んでみた。6作目は『スティル・ライフ』池澤夏樹。精神的な何かのチューニングをするために、「文章」で「自然」と出会うことのできる物語。この本を読むと、世界に詩や自然が必要な理由を感じとることができるように思います。『人生を狂わす名著50』より特別連載。作家、有川浩も推薦! →公開は毎週木・金です。

都会とか現代とか、「忙しさ」にちょっと疲れたあなたへ

『スティル・ライフ』池澤夏樹
(中央公論新社)初出1988

都会の忙しさ VS 自然のチューニング

透明感ってこういうことか。精神的な何かのチューニングをするために、「文章」で「自然」と出会うことのできる物語 #芥川賞受賞作 #都会に疲れた人におすすめ #というか人生に疲れた人におすすめ #透明感のある文章を読みたいときに #自然を味わいたいけどなかなか行く時間のないとき #ゆっくり文章を味わってほしい一冊 #同じ文庫に入っている『ヤー・チャイカ』という小説もいいのでおすすめです


この世界がきみのために存在すると思ってはいけない。世界はきみを入れる容器ではない。
世界ときみは、二本の木が並んで立つように、どちらも寄りかかることなく、それぞれまっすぐに立っている。
きみは自分のそばに世界という立派な木があることを知っている。それを喜んでいる。世界の方はあまりきみのことを考えていないかもしれない。
でも、外に立つ世界とは別に、きみの中にも、一つの世界がある。きみは自分の内部の広大な薄命の世界を想像してみることができる。きみの意識は二つの世界の境界の上にいる。
大事なのは、山脈や、人や、染色工場や、セミ時雨などからなる外の世界と、きみの中にある広い世界との間に連絡をつけること、一歩の距離をおいて並び立つ二つの世界の呼応と調和をはかることだ。
たとえば、星を見るとかして。

「詩」や「都会の中の自然」みたいな、一見なくても困らなさそうなものって、どうして存在し続けているんでしょうね?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

作家、有川浩も推薦! 知らない本が知れる。知っている本は、もっとおもしろくなるブックガイドです。

この連載について

初回を読む
三宅香帆の文学レポート

三宅香帆

『人生を狂わす名著50』(ライツ社刊)著者、三宅香帆による文学レポート。  ふと「いまの文学の流行りをレポート」みたいな内容を書いてみようかなと思い立ちました! なんとなく、音楽や映画だと「ナタリー」みたいな流行をまとめる記事っ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

choku70 [MM読了] スティル・ライフ (中公文庫) https://t.co/IZgwxEzrgQ 三宅花帆さんの記事「 に触発され再読。もう何度読み返し… 1年以上前 replyretweetfavorite

p_noli_p https://t.co/UIvC6DgNuX 卒研終わったら読みたい! 最近読み物偏ってるから色々読みたい😌 2年弱前 replyretweetfavorite

m3_myk こちら無料公開今日までです✨日常につかれた時、忙しい時、読むとすとんと楽になる小説。変に「現代って大変だよね!」を主張してくる小説よりも、ずっと誠実な文章だと思う。 https://t.co/V5yvwkn0WJ 2年弱前 replyretweetfavorite

fukuoka_tenroin 【先行販売まであと1日!!!】【9月22日、京都スタッフ三宅の書籍が天狼院書店にて先行販売開始です!】 https://t.co/zCTWVNuGU4 ⭐️先行販売、ついに明日に迫りました!... https://t.co/r33G7esppF 2年弱前 replyretweetfavorite