全人類」におすすめできる小説ってある?と聞かれたら……この本。

京大院生の書店スタッフが「正直、これ読んだら人生狂っちゃうよね」と思う名著を選んでみた。5作目はソ連が舞台の「歴史」と「文学」の間にある小説、『オリガ・モリソヴナの反語法』。私が「全人類」におすすめする本を挙げるとしたら、この本を挙げる。「最近感動してないなぁ」と思った方はぜひ。『人生を狂わす名著50』より特別連載。作家、有川浩も推薦! →公開は毎週木・金です。

「語られない歴史」が好きなあなたへ

『オリガ・モリソヴナの反語法』米原万里
(集英社)初出2002

教科書に記された歴史 VS 小説で描かれる歴史

私が「全人類」におすすめする本を挙げるとしたら、この本を挙げる。「歴史」と「文学」の間にある傑作です! #ロシア通訳者・エッセイストの著者による小説 #スターリン時代のソ連が舞台 #笑えて泣けて震える #現代東欧史に興味のある人ぜひ! #歴史が苦手な人もぜひ! #ソ連に関する小ネタ盛りだくさん #ミステリ仕立て #「最近感動してないなぁ」と思ったときに読みたい一冊


《人生を狂わせるこの一言》

夢を糧に、わたしたちは生きながらえていた。 

 世界を雑に見たくないです。
 時代とか歴史とかそういう大きなものに巻き込まれながら、マクロに圧倒されながら、一人ひとりの人間はミクロ単位でいろんなことを考えて食べて眠って起きて生きている。
 小説という媒体に力があるとしたら、そういう、大きなものに取りこぼされがちな、一人ひとりをすくうことじゃないのかなぁ、なんて思います。
 そしてこの『オリガ・モリソヴナの反語法』という一風変わった題名の小説は、見事なまでにその力を発揮しているのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

作家、有川浩も推薦! 知らない本が知れる。知っている本は、もっとおもしろくなるブックガイドです。

この連載について

初回を読む
三宅香帆の文学レポート

三宅香帆

『人生を狂わす名著50』(ライツ社刊)著者、三宅香帆による文学レポート。  ふと「いまの文学の流行りをレポート」みたいな内容を書いてみようかなと思い立ちました! なんとなく、音楽や映画だと「ナタリー」みたいな流行をまとめる記事っ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Castella_34 『オリガ・モリソヴナの反語法』は本当に名著 1年以上前 replyretweetfavorite

marekingu #スマートニュース 1年以上前 replyretweetfavorite

m3_myk こちらでは米原万里さんの小説『オリガ・モリソヴナの反語法』を紹介してますが、エッセイ『不実な美女か貞淑な醜女(ブス)か』 (新潮文庫)もおすすめなのですー!! 通訳とか翻訳に興味のある人に読んでほしい。ていうか笑える。めっちゃ笑う。 https://t.co/Evs46qgRer 1年以上前 replyretweetfavorite

nerospecchio111 とても読みたくなる紹介文だけど、最後にamazonとかのリンクがないのは奥ゆかしすぎる。。 1年以上前 replyretweetfavorite