弁護士・裁判官・検察官

最終回】つぶしたくてもつぶせない 崩壊寸前の法科大学院の今

「失敗」の烙印を押された法科大学院制度は、弁護士の増加には一役買ったものの、法曹界を混乱させた。厳しい台所事情にもかかわらず、つぶすにつぶせない大学の苦悩が浮上する。

 今の学生は教員と一対一で授業を受けられるから、逆に良い教育環境だろうね──。ある中堅私立大学の法科大学院関係者は、皮肉交じりにこう漏らした。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
弁護士・裁判官・検察官

週刊ダイヤモンド

弁護士、裁判官、検察官──。文系最難関の司法試験に合格した、選ばれしエリートたちだ。今回、特集班は彼ら法曹関係者113人に総力取材し、重厚な法曹界の扉を開け放った。その扉の向こうには、それぞれ固有の事情から没落の憂き目に遭う三者の姿が...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません